« 賃貸マンションの入居直前のキャンセル | メイン | 競売物件は銀行ローンが組めない? »

賃貸アパートの入居断りの基準について

■□相談内容 

今度引越しをするのですが、今入居申込書を書いているところです。
その紙の一番下にご注意、とあって
  「お申し込みいただてもお断りする場合がございます」
とかかれていますが、断る基準はどういったことなんでしょう?

ちなみに保証人は同じ不動産の仕事を自営でしている父です。
回答をよろしくお願いします。


□■アドバイス:1

月山です。お断りする基準というのは、家主さんによって差がありますが、
ようは、賃貸物件に関しては、簡単な入居審査があるということです。

例えば、保証人さんが、保障できうる限界を超えている・・・
入居者様に、職がない又は、収入がない・・・
記入に嘘があった・・・
等、家主様も、ようは入居者様が家賃をちゃんと払えるかどうかが、
気になる部分でもありますからね。

その辺もふまえていただきたいという一文であります。
(不動産のサンミ・月山さん)


□■アドバイス:2

涌井と申します。月山さんと同様ですが若干具体的に言いますと、

 事前審査を行う会社もあります。
   ○カードが作成出来ない方。
    (大手D社のようにカード会社による調査を行う場合)
   ○過去に業界内でトラブルを起こした事のある方。
   ○保証人に問題の有る場合。
 等になると思います。

普通のサラリーマンの方で、
金銭トラブル等の無い方で有れば問題無いと思います。

又、大家の急な都合により契約前にキャンセルの入る場合や、
小さなお子さんのいらっしゃる方や、喫煙なさる方の場合に、
大家さんが断ってくる場合も、稀ですが有ります。
(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3432336

賃貸アパートの入居断りの基準についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト