« 土地の権利のない、区分所有している建物について | メイン | 親族間売買と建て替えと抵当権について »

ローンが通らなかった場合のクーリングオフについて

■□相談内容 

新築のマンションの契約をしているものです。
仮申込の時点では、銀行でのローン申請が通ったため、
正式に契約書を交わし、手付も払いました。
その後、14年度の所得でローンの本申込をいたしましたら、
ローンの一部が不可になってしまいました。契約書では、
「当該融資金の一部、または全部が不可となった場合、その翌日より7日間」
クーリングオフができるとなっています。
ですが、今回、金融機関より私どもに「一部が不可」ということを
知らされておらず、7日以上たってしまいました。

約束の日を過ぎても金融機関からの連絡が来ないので
不審に思い、直接問い合わせた所、
「業者の方が、『自分から直接買主さんに連絡します』とおっしゃったので
 連絡していなかったんですよ。連絡来てないですか?」
ということで、業者が口止め(?)らしきことをしていました。

そういうことが何度かあったので、信用できないと思い、
今回断ろうと思いましたら、業者は手付は返せないけれどもいいかという返答でした。
契約書には確かに、「不可となってから8日」とありますが
その「不可となった日」そのものを故意に知らされていなかったのに、
この契約は有効となるのでしょうか?

しかるべきところに相談などをしても、手付は戻らないでしょうか?
どなたか教えていただきたく、よろしくお願いいたします。


□■アドバイス

その業者が、融資を斡旋したので有れば、かなり悪質だと思います。
クーリングオフ以前の誠意の問題であり、手附金没収を目的とした、
悪意ある行為だと思います。

   ●その会社の上司、社長等に直接交渉する。
   ●その業者の所属する不動産業界団体の綱紀委員会等に相談する。
   ●消費者団体に相談する。
   ●都道府県の担当部署(住宅部等)に相談する。

 この順番で相談して下さい。

(高原開発・涌井さん)


■□相談者より

お返事ありがとうございます。
私自身も、相談できる機関などはいくつか調べてみたのですが、
相談する場所の順序というか、そういうものがわからず困っていたので、
大変助かりました。担当になった方の怠慢というか、
いい加減さでこういうことになってしまうものなんだなぁと実感します。

涌井さんのアドバイスどおり、相談してみようと思います。
どうもありがとうございました!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3435013

ローンが通らなかった場合のクーリングオフについてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト