« 住んでる借家が売却になったら? | メイン | 外国人の場合の立ち退き補償について »

手付金保全措置について

■□相談内容 

未完成物件と完成物件では、
手付の保全措置となる場合が違うとのことですが、
古家のある土地を更地渡しを条件に売買契約をする場合、
これは未完成物件の契約にあたるのでしょうか?


□■アドバイス:1

ご相談の件の場合ですと完成物件取引になるかと思われます。
ですので、売買代金の10%超か又は
1000万超の手付金額の場合保全が必要となります。

但し、売主が不動産業者様に限られますので、
一般人の場合は保全自体不要となります。
(宅地建物取引主任者・藤原浩行さん)


□■アドバイス:2

新築は売買の10%(平成11年法改正)を超える手付は保全必要です。
未完成というのは建物を意味します。だから土地の売買です。

業者売主未完成は5%、完成は10%どちらも
上限1000万を超える手付は保全必要です。
だから土地の売買は10%、建築条件は5%どちらも上限1000万です。
(ハビット・小谷吉秀さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3444035

手付金保全措置についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト