« ローン審査待ちで現金購入者に先に契約された | メイン | 購入マンションの間取り変更不可について »

相続時に発生した土地所有権問題について

■□相談内容

父が突然亡くなり、遺産相続の段階で土地の遺産問題発生しました。
生前何もくわしい事は聞いていなかったのですが、
資料を見ると登記簿上では約1,000坪になっているものの、
測量の結果では約400坪しかないにもかかわらず、
1,000坪に対しての固定資産税が来ています。そのため約5年間滞納しました。

隣接している土地の所有者3人の内、1件どうしても判を押してもらえません。
税務署からは何度も督促状及び差し押さえ通知がきていて、
来年になると6年目になり1年分はまともに支払わねばならない様です。

どのように対処すべきでしょうか?
また、売却希望ですが、所有権が確定しないと売却できないのでしょうか?


□■アドバイス:1

ご相談内容ですが大きく以下の通り分解してみます。

  (1)固都税滞納をどうするか?
  (2)地積更正をどうするか?
  (3)売却をどうするか?

まず(1)ですが、請求先事務所に出向き事情を説明し、
分割納付の交渉をしてみては如何でしょうか? 
役所は納付が止る事と音信不通を何よりも嫌いますので、
とにかく出向き支払う意思はある事を示し、
同時に今は一括では支払えない理由も説明すれば、
当面分割で納付出来るような伝票を作成してもらえると思います。
又、坪数が違う事による請求額の超過についても、何とかならないものか
交渉されてみては如何でしょうか?

次に(2)ですが、これだけ面積に差があると、
現状のままでの売却は難しいように思われますので、
いくらかのお金をつつんででも、とにかく何とか捺印に応じてもらえるよう
粘り強く交渉されてみては如何でしょうか?

最後に(3)ですが、
登記簿上の所有権が被相続人(お父様)名義のままですと
売却出来ませんので相続登記が必要です。
相続人は何名いらっしゃるのでしょうか? 
つきましては、
早急に相続人の間で遺産分割協議書を作成し相続登記をするか? 
法定相続分にて相続登記をするか?
すれば、少なくとも第三者に売却出来うる状態にはなります。

問題は(2)が解決するかどうかにかかっていると思われます。
もっとも、公簿と実測の違いを容認するよ!
と言ってくれる買主さんが現れれば問題解決ですが…!
(宅地建物取引主任者・藤原浩行さん)


□■アドバイス:2

都下三多摩でしたら、当社に解決させて下さい。
(八王子物件情報社・樫家さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3442512

相続時に発生した土地所有権問題についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト