« 借地の更新の相場について | メイン | 別荘地の未払いの管理費について »

家の外壁について

■□相談内容 

今回、家を新築することになりました。
そこで外壁をサイディングの上にリシンを吹き付けを考えています。
しかし、リシンはあまりいいとは聞きません。
実際、リシンの吹き付けはどうなのでしょうか??
やはり普通のサイディングの方がいいでしょうか?



□■アドバイス

リシン(一般名アクリルリシン)は、外壁塗装材として
かなり前から使用されてる塗料ですが、表面がざらざらしていることや
下地がモルタルの場合にはモルタルの亀裂と一緒に割れが生じるため
(下記注)、最近あまり利用されなくなりました。
(注:弾性リシンを使用すれば微細な割れには追従します)

これに加えて最近は工期短縮を図る目的や職人不足等の理由で、
サイディングなどの乾式工法が住宅外壁の主流になり、
モルタルの湿式工法が少なくなったことがリシンの人気を低くしています。

しかし、リシンは調合により好みの色が出せること、
それなりの雰囲気があること、経済性(塗装コスト)に優れていること
などを考えると決して捨てた素材ではないと私は思います。

相談者様の場合は下地が無塗装サイディングのようですので、
割れの心配はないのでご検討される余地があるのではないでしょうか。
ご予算があれば、通称吹き付けタイルと言われる塗装材を使用されれば、
汚れもつきにくいし、仕上がりの感じが更に豪華になります。

一方、最近は外壁に化粧サイディングが多く使用されていますが、
これとて永久的なものでなく、ある時期には塗装が必要になります。
このことはメーカーのカタログに注意事項として記載されています。

このように、外壁はどのような素材を採用しても
一定時期には再塗装が必要になることを考えておかねばなりません。

ただし、本物のタイルの場合は別です。ご参考になれば幸いです。
(青葉ホーム・伊澤隆平さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3443337

家の外壁についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト