« 借地の賃料などの調停について | メイン | 不良債権物件について »

賃貸マンションの期限前退去依頼について

■□相談内容 

転勤に伴い所有マンションを賃貸しましたが、
2年前に勤務先を退職したことから、
翌年3月をメドに期限前ながら賃貸契約を解消し、
当該マンションに転居を検討中です。
貸主都合の契約解消である為 退去依頼においては
借主に対して何等かのコスト負担(立退き料的)が必要と考えるべきでしょうか。
アドバイス宜しくお願い致します。


□■アドバイス:1

契約の経緯や内容にも依ります。
依頼している不動産業者はなんと言っていますか?
(集住企画・中村孝司さん)


■□相談者より

契約期間は10年間、法人契約です。
管理委託先業者は現在賃貸後4年経過で残存期間が長い(6年)、
過去借主側に家賃未払い等の過失は無いこと、
又貸主の自己都合による退去依頼などの点から
何等かのコスト負担(退去に伴う)が必要と考えておくべきと言っています。
やはりそう考えるべきでしょうか?


□■アドバイス:2

10年契約とはずいぶんなイレギュラーですね。
4年経過しているとのことですので、
定期借家契約ではなく、通常の賃貸借契約ですよね。
ただし、転勤者住宅と言うことで途中で戻ることも想定されていたでしょうし、
故に法人契約にしたと推測します。個人(自然人)と違い、
法人は居住権が主張しにくいですから、貸主側からの解除はしやすいです。

  > やはりそう考えるべきでしょうか?

半年前の通告であること、転勤者住宅であること、相手が法人であること等を理由に、
立ち退き料無しで交渉を進めるように管理会社にお願いしてみましょう。
ただし、交渉を纏めるためにある程度のコスト負担は考えた方が解決が早い場合もあります。
(集住企画・中村孝司さん)


■□相談者より

ご多忙の中 ご教示頂き有難うございます。
スムーズに決着させる為には
何がしかの負担ありと考えておいた方がよさそうですね。
ただ管理会社からは 退去依頼の相談は
貸主本人から借主に直接した方が話を進めやすいと言われています。
この点はどうなのでしょうか。


□■アドバイス:3

どういう内容で管理を受託しているのか分かりませんし、
相談者さんのお人柄なども分からないのでなんとも言えませんが、
仮に私が管理会社の立場でしたら、私(当社)が貸主代理人となって
交渉することをまずは奨めるでしょうね。

プロである我々よりも素人の貸主本人が交渉した方が良いというのでは
我々は不要と言うことになってします。(笑)
もちろん、話の展開によっては貸主本人が出てきた方が
纏まりやすくなると言うことはあります。
(集住企画・中村孝司さん)


■□相談者より

そうですね。これは貸主としての誠意を示す
一つの手段と個人的には考えていました。
繰り返し有益なアドバイス有難うございました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3458112

賃貸マンションの期限前退去依頼についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト