« 貸地の建物の競売について | メイン | 高圧線の電磁波の影響は? »

間取りの解釈違いと解約と手付の返却について

■□相談内容  

12月上旬に、中古マンションを契約しました。
現在手付金200万を払った状態です。
今月いっぱいは契約の解除ができます。
実は、物件を見に行く時にもらう間取り図には、
LDK,和室、洋室2つの3LDKだったのですが、
契約後にマンション分譲時の図面集をもらったので
見ると、なんと2SLDKだったのです。

仲介に説明を求めると、売主側の仲介会社では、
窓さえあれば納戸でも洋室と表示するというのです。
売主が一般人の場合、特に必ず納戸と表示しなければいけない
という決まりはない、といいます。

この回答にとても疑問をもっています。
私としては、売る前に見せたものと、実物が違うということで
違約になるのではないかと思うのですが…。
どうか、教えてください。手付金も戻って解約できるでしょうか…。
よろしくお願いします。


□■アドバイス

マンション等では普通の部屋の広さがあって窓もついていても、
窓の大きさや天井の高さの規格よって居室と出来ない場合があるみたいです。
その場合4.5畳位の広さがあり窓もついていても
納戸と表示しなければならないみたいです。
実質居室として十分使える事が多いといいます。
居室として広さがあるか確かめてみてはどうでしょうか?
もちろん嫌なら契約解除の対象になると思います。

(天理不動産流通・金城豊治さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3500445

間取りの解釈違いと解約と手付の返却についてを参照しているブログ:

コメント

あの説明は不十分で、3LDKの3は通常、居室(建築基準法)
の数字をあらわします。(この根拠は宅建協会などで確認下さい。)2LDK+納戸(広さ、窓のあるなしより基準法での居室じゃない)という表現で、重要事項説明のときに、はっきり説明をうけ、手付け金を支払ったのではないでしょうか。
そこまで説明をしてなければ宅建業法違反です。
免許のお持ちの方はそこまでの説明必要ありです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト