« 貸す場合に不動産屋さんに払う手数料について | メイン | 建築士のミスによる解約について »

入居者の家賃の相違について

■□相談内容 

はじめまして。先月に、
間違って隣りの方の家賃の請求書が送られて来ました。
気付かず、中身を見てしまったのですが、
金額が家賃で6万円、私は6.5万円、共益費も1,000円高かったのです。

隣りとは、全く同じ間取りで、私のが3ヶ月ぐらい後の入居です。
謝罪ときちんとした説明が有れば、
特に何も要求するつもりは無かったのですが、
謝罪も無しで、子供騙しの嘘ばかりの説明をされました。
それで、あくまでも、そちらが正当ならば、
家賃と共益費を公示すると伝えました。

家主は、そんな事をすれば、一番安い家賃に統一された場合、
退去された人が出た場合、訴えると言ってきてます。

公示する事は、問題なのでしょうか?
他の住人に、事実を伝える事は、訴えられる様な事なのでしょうか?
0人にでも、事実を話すと訴えると言われました。

私としては、家主と揉めてこれ以上住みたく無いのですが、
住んで10ヶ月程で、敷金礼金等で、50万以上払っており、
家主だけが得をする様で納得いきません。

不動産会社からの口答の説明及び重要事項説明書では、
A社が貸し主で、B社が管理会社,
契約書ではB社が貸し主となっています。
それで、私も、管理会社の落ち度だから、
仕方がないと諦めていたのですが、
事実を知って、余計、納得出来なくなりました。

長々とした説明となり、申し訳有りません。
アドバイス、よろしくお願いします。



□■アドバイス:1

建物賃貸借契約の締結前に重要事項説明を受け、
その後に建物賃貸借契約を締結されその内容に間違いがなければ、
貴方が締結した契約は有効です。

貴方は契約条件に納得して、契約を締結しています。
隣の部屋の家賃と賃料が異なろうと、問題は有りません。
貸す側又は仲介の不動産会社に落ち度が有れば別です。
当初の説明よりも賃料が高かいとか、説明が間違っていた場合には
損害を請求できたり契約の解除が出来る事もあります。

一般にA店で商品が10,000円で売られているものを買った後に、
B店で同じ物が8,000円で売られていたからと、
A店に支払代金の減額を請求は出来ません。
入居の時期毎に賃料が異なるのは相場の変動により一般的な事と考えられます。

従って、家賃の減額を請求する事は可能と思われますが、
減額が認められるかどかは家主の判断です。

(ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引主任者 香川 文人)



■□相談者より

アドバイス有り難う御座います。
私は、家賃の値下げを望んだ訳ではありません。
間違って請求書を送った事への謝罪と明確な説明を求めただけなんです。

貸し主は、謝罪も無く、矛盾だらけの説明をされ、
また、この事を、他の住人が知って、家賃の値下げ交渉が有ったり、
退去されたら、訴えるとまで言います。

   1.私が、この事を秘密にしなくてはならない義務は有るのでしょうか?

   2.それと重要事項で記入された貸し主Aと、契約書の貸し主Bが違う点は、
    問題ないのでしょうか?

私は、契約時の説明でも、重要事項でも、貸し主はA社となっており、
それを信じていましたが、事実は異なり、結果、貸し主と揉める事となり、
退去せざる得ない状態になっています。

お手数をお掛けしますが、1.2.について、教えて下さい。よろしくお願いします。


□■アドバイス:2

RTJサポートチームです。いくつか前もって断っておきます。
まず何をもって「明確な説明」となるのかは、
相談者さんご自身にしか分かりません。また「矛盾だらけの説明」も、
実際に細かく間に入ってみなければ、分からない部分も多いです。
むしろ、家賃の値下げを望んでらっしゃる場合の方が、
交渉にせよ、白黒つけるにせよ、はっきりした結論が出やすく、
それでも納得いかない場合は、裁判で争うと言うような流れも見えます。

以上を前提として、私見を述べさせていただきますと、
「1.」に関しては、裁判云々と言うことになれば、ケース・バイ・ケースだと思います。
  例えば、
   ・明らかに自分宛で無かったにも関わらず、
    開封してしまった場合に知りえた情報はどうなるのか?
   ・それを送付してしまった側の責任はどうなるのか?
などを考えれば、双方それぞれの主張をしてくれる弁護士さんもいるはずです。

私でしたら、そんなことを秘密にしなければいけないのか…
と怒り心頭であれば、前もって自分の主張を弁護してくれるような弁護士さん
に出向き、裁判を覚悟で公開します。

「2.」に関しても、退去せざるを得ない状況をつくられたと思ったなら、
私でしたら、その差を突破口にできそうだと言う弁護士さんと共に争い、
退去せざるを得ない状況に対しての
慰謝料なり諸費用なりを要求するかも知れません。

いずれにせよ、和解することが不可能で、謝罪すらできない相手と
判断されていらっしゃるのであれば、
まずは無料の法律相談などに出向いて、ご自身の主張の正当性、
そして、それを裁判に向けて弁護してもらうには
どうすれば良いのか…と、聞かれることをオススメします。
(ただ、その結果、争うのが時間的、金銭的に無駄と判断された場合は、
 不本意かとは思いますが、納得はいかなくても引き下がらざるを得ない
 状況もあるかと思います)

以上、宜しければご参考ください。


■□相談者より

ご丁寧にアドバイスして頂きありがとうございました。
これを参考に良く考えたいと思います。

  > まず何をもって「明確な説明」となるのかは、ご自身にしか分かりま
  > せん。
  
間違って送った事への謝罪と、家賃や共益費の差は、
入居時期の違いでと言ったぐらいの説明で充分でした。
しかし、実際は、謝罪もなし、説明も矛盾した事ばかり、
おまけに、他言すれば訴えると言われました。
有り難う御座いました。


□■アドバイス:3

あくまでも相談者さんからいただいた内容での判断になりますが、
ただ、まぁ、良い不動産屋さんとは言えなさそうですね。

私も知人から相談を受けた際に必ず伝えるのですが、
不動産契約は賃貸であれ、動く金額が大きいですから、そう言う意味でも、
次回は、物件以上に、この相談センターで親身な回答を下さるような、
良い不動産屋さんを探すことをオススメします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3497414

入居者の家賃の相違についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト