« 新築物件の建物価格と評価額について | メイン | 義理の親の家の購入について »

コーポラティブハウスのキャンセルに関して

■□相談内容 

この度、8件から成るコーポラティブハウスの建設に参加しました。
来年2月の竣工で内装の打ち合わせもほぼ建築家と終わりました。
これから建築確認を出すとのことです。 

平行してローンの借り入れで銀行と融資の話をしておりましたが、
銀行より融資には団体信用保険が義務つけられており、
この加入には過去3年の病歴を聞かれると聞きました。 
小生昨年7月に左腎臓ガン治療にて入院しております。
幸運にも今後の転移はないとのことでしたが、告知書に嘘を書くことは出来ません。

ローンがおりない危険性もあり、他の方々にも迷惑をかけられない為、
キャンセルを申し入れましたが、プロデュース会社より、以下を言われております。

   1. 次の継承者がいない限りは脱会することは出来ない。
   2. プロデューサーは新しい継承者探すよう手伝うが、時間的に間に合わず、
     全体のスケジュールが遅延するとその金利負担が発生する。
   3. 設計者に全額ではないが設計料を支払はなければならない。
   4. プロデューサーに申込金の50万と名義変更料を払わなければならない。
     (既に1割の出資金640万を振り込んでいます)

つまり、期限内に継承者が見つかった場合、
約130万円程度のぺナルティー、
期限内に継承者が見つからなかった場合は
これにプラス莫大な遅延金利負担を支払う可能性があるというのです。 

組合長の方に連絡したいと申しましたが、
今この件を持ち出すとメンバーの不安感をあおり、
脱会を誘発する可能性があるため、
まだ連絡しないでほしいとも言われております。

今回の様にやむ終えない理由でキャンセルする場合、
上記の責任から逃れることは出来ないのでしょうか?宜しくお願い致します。


□■アドバイス

コーポラティブハウスは一種の運命共同体ですから、
病歴で団体信用保険に加入できないのは、こちら側のミスととられますね。
契約上のペナルティな仕方ないでしょう。
しかし、プロジュース会社が代表者に連絡をさせないのも解せないことです。
時間が経過すればするほどこちらに不利ですから、
早急に脱会されるようお勧めします。

内容証明郵便で脱会届けを出してみたら如何でしょう。
640万も出資されているなら、弁護士に依頼する方が解決は早いかも知れません。

(シマダ企画・嶋田尚芳さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3520373

コーポラティブハウスのキャンセルに関してを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト