« 同居人変更の連絡について | メイン | コーポラティブハウスのキャンセルに関して »

新築物件の建物価格と評価額について

■□相談内容  

今月に建売を新築で購入しました。
それに伴い火災保険に加入するのに保険会社に見積もりさせたら
建物自体850万なのに 評価額は1600万の価値があると言われました。
それで建設側に実際の価格はどうだと聞いたら
「営業にもはっきりはしらされていない」と返ってきました。
仲介が入っているので又聞きなのですが なっとくいきません!
言えない訳はなんなんでしょうか? スミマセンが宜しくお願いします。


□■アドバイス:1

建売住宅をご購入されたのでしたら、
建物に消費税が課税されていますので、その消費税から割り出せます。
例えば消費税が80万円でしたら、建物は1600万円と言う事になります。

それとも建物の工事原価を知りたいと言う事でしょうか?
自動車やその他の商品でも、そのメーカーが原価を表示しないように、
建売住宅の原価を公開する事は有りません。

(アットホーム・香川文人さん)


■□相談者より

香川様 ご回答ありがとうございました!
もう一度質問よろしいですか?
建物価格は850万円とは契約書に記載されているのですが、
地積や構造からして1600万円の価値があると保険会社に言われました。
保険会社の言う評価額と実際の建物価格とは一致しないものなのでしょうか?
すみませんが 宜しくお願いします!!



■□アドバイス:2

地積や構造で価格が割り出せれば、こんな話しは無いですが…。

そもそも、建物・不動産に関して素人の保険会社が
どうして正確な価値を割り出せるのでしょう。不動産鑑定士を抱えていて、
そこから導き出された金額というなら分かりますが。

保険会社は、保険の対象金額が大きければ大きい程、保険料が高くなり、
得をするでしょう。その当たりを考えてみられては。

保険金額とは、保険会社が決めるものでも、
不動産会社・建築会社が決めるものでもなく、ご自身が
「この建物を消失してしまった時、このくらい保険金が下りれば、納得出来る」
という考え方で、決めるものかと思います。

(夏目さん)


■□アドバイス:3

建物本体の保険のかけ方には、
新築時の建物価格(再度同じ建物を建てるときの費用分)を
保険金額とする場合(新価特約と言います)と
任意の金額を保険金額とする場合があります。
建物の新築費用は、その地域の標準建築工事単価に
建物の延べ床面積を掛けた金額とします。
従って、その地域の標準工事費が坪当たり50万円とすると
30坪の建物は1500万円の評価となります。

売り主さんが表示した建物価格850万円は、850万円で売り渡した事であり、
建物の工事代金や評価額と一致しないこともあるでしょう。

従って、貴方が万一の際に今と同じ建物を再建築出来ることを望まれれば、
その保険会社の評価額で保険を掛けられることをおすすめ致します。

(アットホーム・香川文人さん)


■□アドバイス:3

不動産だと個々によって価格が出ますから、分かりづらいのかも知れませんが、
例えば自動車の車両保険なども、やはり保険会社側の評価額(補償額)と、
実際の車両価格が違ってくる場合も多いかと思われます。
 (クルマの場合、標準価格がありますから、それを元に算出されると思いますが
  通常、購入価格は、値引きなどがありますから、個々によって様々だと思います)

なお、今回は実際の価格を上回る金額になっているかと思われますが、
当然、その逆もありますね(何らかの事情で割高だったりした場合など)。

私でしたら、多少の掛け金の差でしたら、万一に備えて、
再度同じものを建てられるような補償額にすると思いますが、
反面、あまりに掛け金が違うのであれば熟考の上、決定することになると思います。

(草柳@Fudosan.JPサポート)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3519875

新築物件の建物価格と評価額についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト