« 施工業者が会社更生法を申請した場合について | メイン | 敷金3を支払ったら、敷金2、礼金1になっていた! »

古屋の譲渡について

相談内容 

築50年くらいの古屋を貸していますが、土地は別の人が地主です。
もう別の所に住んでいるのでその家と手をきりたいのですが、
地主に古屋を譲渡して後のことをまかせることは可能ですか?
ちなみに家賃は2万円です。その内8千円を地代ではらっています。
その場合名義変更だけでよいのか、他にどんな書類がいるのか、
よろしくお願い致します。



□■アドバイス

地主さんが買うのなら譲渡は当然可能です。
所有権移転に必要な書類は近くの司法書士さんにお願いすると良いでしょう。
ちなみに一般的には家の登記済権利証、売渡証書、売買契約書、
司法書士への委任状、印鑑証明書、実印が必要です。
権利証を無くしていた場合は保証書の作成が必要です。
個人で作成することも出来ますが、司法書士さんにお願いするほうが良いと思います。

(紀州不動産・森田喜美夫さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3579954

古屋の譲渡についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト