« 原状回復、家主の負担の範囲について | メイン | 競売落札後の、立退き要請について »

家の建て直しの設計料について

相談内容 

設計料についてご相談お願いいたします。
12月ごろに家を建て直すと言うことで知り合いの設計士に頼みました。
その際、「家を建てると安くなるので分離発注にしたほうがよい」
とのことで分離発注に決めました。

はじめは4月頃に上棟をする予定でしたが、設計図ができて来ないために
予定よりかなり遅くなりました。12月に打ち合わせをした時には、
4月の初めに図面ができれば各業者も10日ぐらいで見積もりが出る
ような事を言っていましたが、何時になっても出てきませんでした。

その後設計士の方から出てきた見積もりは工務店の丸投げの見積もりで
目が飛び出るくらいの金額でした。その後も、設計士は、
各業社の見積もりを取ることもなく時間だけが過ぎていきました。

先に家を解体し、要壁をしたかったのでそちらの工事を先にしました。
分離発注の見積もりは自分で瓦屋,基礎屋、電気、その他の見積もりを取りましたが、
それは、どの位の予算がかかるかを知るためにとりました。

そうこうしている内に、設計士の方が
「あまりにも見積もりが遅いので建築を止めよう」ということになりました。
今までに設計をしていただいたので、していただいた金額は払わないといけない
と思い、設計料を聞きました。その時、分離発中の見積もりも出ていないのに、
一方的に想定で概算金額を言われ、その金額は
「2,000万の5%、うち設計料6%で、監理費が4%」と言われました。

まだ何もしていない時点でしたので、
「監理費は払えない。建てるか建てないかわからないけど、設形計と
 開発の手続をしてもらたので、確認申請までやって50万にしてくれないか」
と頼んだところ、何とか言っていましたけど了承してくれました。

確認申請も1ヶ月ほどかかり、ほかの工務店と契約をしたのをどこかで聞き、
そこの金額が2,300万と聞き、2,300万の正規の金額を出せといってきました。
書面では設計契約を交わしていませんが、契約になると思います。
しかし、他の工務店の金額が出た後で、
正規の金額を出せと言うのは不当ではないのでしょうか。

   1.口頭契約が成立するなら最後に50万という金額が正当
   2.自分から分離発注といっていながら工務店に丸投げ
   3.設計図も間違いだらけ
   4.後から正規の金額を出せと言われても払う気はない
   5.こちらも譲歩して50万払うと言っているのにだましたみたいにいわれた
   6.契約書は交わしていない
   7.現在もめているので、お金は払っていない
   8.「そちらの設計図を使わないで、新たに確認申請を自分でするの一切
     お金は払わない」といったら、それでもけっこうだといわれたが、
    最後に、内容証明を出してやると脅かされた
   9.こちらは「お金を払わないと言っていないが2,300万のあとで、
    契約をした見積もりで正規の金額を出せ言っているのはおかしい」と主張

私どもに落ち度があると考えるなら、
設計士に他で契約したと言ったことだけだと思います。
ちなみに確認申請、開発許可、解体のマニフェストは渡さないといわれています。


□■アドバイス:1

これはトンでもない設計士に当たってしまわれたようですね。
法的な要件事実の詳細をお聞きしない事には断定的には申せませんが、
そもそも自分でクライアント様に分離発注をお奨めし、
あなたはそれを前提に設計契約をした互いの認識があったのでは?
このような場合業者の見積手配等も設計士に委任されてませんか?
それを設計は遅れ、業者の見積提出も遅れ、挙句の果てには
分離発注方式を取りやめるなど設計士側の債務不履行の疑い濃厚と思います。

また少なくとも契約の合意解除に当たると思われますから、
設計士の図面を採用せずに別の工務店と契約されるのも任意です。

報酬を支払うどころか、債務不履行により新築が遅れ、損害を蒙っていれば、
あなたの方から賠償請求の可能性も考えられると思います。

さらには開発許可をやってもらったとは言え、開発許可申請業務は
行政書士の法定専管業務であり、従いましてこの設計士は
行政書士法違反としての摘発もあり得るところで、報酬を支払う必要はありません。

厚顔無恥にも内容証明を送るなどと言う主張は
却って自身の法律違反の証拠を残すことになる事を知らないのでしょうね。

監理費についての御主張は勿論、2,300万円の後出しじゃんけん(?)
についても、全くあなたの主張は正しいと判断できます。
いずれにせよ御納得いかないのであれば、この点を指摘されて、
再度交渉してみられることも宜しいのでは?

(川村行政法務事務所・川村さん)




■□相談者より

川村先生、アドバイス有難うございました。
設計と開発、確認申請の代金は、あまりもめてもいやなので
払おうと思っていますが、50万円という金額は妥当ですか?
  
それとも、後から契約した工務店の金額2,300万円に対して、
設計士が要求する金額が正しいのか教えて下さい。

私は、50万円で設計士が妥協しなかったら、
お金は一切払わないで契約した工務店と始めから
設計、監理、開発、確認申請をやり直そうと思っております。
  
設計士は、「開発と確認申請はすでに降りていますが、
2,300万円に対しての設計料を払わないと書類は渡さない」
と言われました。どうしたら良いかアドバイスをお願いいたします。




□■アドバイス:2

金額の妥当性に関しては建築士界の報酬基準がありましょうから、
お答えできませんし、開発許可に関してはその申請自体が
違法行為で摘発に値しますので、お答え出きるはずがないでしょう。
また特に御指名であれば、私のホームページから
個別に御相談頂くべき問題と思います。

(川村行政法務事務所・川村さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3624667

家の建て直しの設計料についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト