« 兄弟での共有名義物件の売却について | メイン | 抵当権付の位置指定道路について »

瑕疵担保責任の期間について

相談内容 

新築の物件を購入しようと考えています。
契約書には、
   ・引渡し後2ヶ月以内に発見された雨漏り、白蟻の害、建物構造上主要な
    部位の腐食、給排水管の故障の瑕疵についてのみ売主に対して
    責任を負わなければならない
   ・主要構造部分(柱、基礎、雨水浸入を防止する部分)については、
    引渡し日より10年間瑕疵保証とする
  となっています。
2つの条文が相反するように思えるのですが、これは一般的な契約書なのでしょうか? 
2ヶ月なのか、10年なのかわかりかねるのですが…。
教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。



□■アドバイス

「引渡し後2か月以内に…」は中古住宅を売買するときに適用され、
「引渡し日より10年間…」は、新築の建物を売買するときに適用されます。

   参考サイト
    TFP不動産コンサルティング株式会社さんの運営する
     http://www.home-knowledge.com/ 内の以下のページ
      http://www.home-knowledge.com/kouza/ko02.html


(ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引主任者・香川文人さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6461206

瑕疵担保責任の期間についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト