« 法人契約から個人契約への変更について | メイン | ボイラーの修理代と敷金について »

契約キャンセルと返金について

相談内容 

先日、不動産屋仲介で物件を紹介されました。
ここにしよう…と1ヶ月分の家賃を手付け金として払い、
その後重要書類の説明を聞き、「聞きました」ということでサインもしました。
  
その2日後までに、入金してほしいと言われ、
残る30万円(礼金20万円、仲介手数料5万円、保険などの諸経費5万円)
を不動産屋に持っていきました。

しかし、その後再び内見したときに、隣の部屋の日常会話や、咳払い、
すべての音がかなりはっきりと聞こえました。
多少は、心積もりしていましたが、あまりに度を越えていたので、
住めないと思い、すぐに不動産屋に相談に行きました。
すると、契約書にはまだサインしていなかったので、
大丈夫かなと思ったのですが、返金は諸経費5万だけとのことでした。

まだ、サインしてない契約は、すでに有効なのでしょうか?
住んでいないのに礼金や家賃は返ってこないのでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。




□■アドバイス

本来、民法上から言えば、口約束と言えども契約は有効に成立するわけです。
相談者さんは礼金等を支払う際に、「この物件を借りる」と明言されたのでしょうか?
それとも「今は借りたいと思っているが、再度内見して確定したい」
と言われたのでしょうか?

もし前者だとすれば、契約は有効に成立していると言えるかもしれません。
なお、本文では入金から再び内見するまでにどの程度の時間が経過したのか
不明です。仮に、隣室の音が漏れてくる状況が前回の内覧の時には
分からなかった場合、また、それが借室申し込みの重要な判断基準だったとすれば、
白紙解約できる可能性が高いでしょう。

必要であれば、都道府県の庁内の不動産課に相談してみることをお勧めします。

(三菱地所・寺島さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6609040

契約キャンセルと返金についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト