« 一方的な土地の買取要請について | メイン | ローン審査前の転職について »

賃下げ交渉について

相談内容 

大阪・30代女性
入居者が少なかったこともあって、今年1月より家賃が値下げになりました。
長く住んでいる住民同士は、みんな同額であることを確認しました。
また、そのうちのある方は、
  「今後は新規に入居される方と同じ家賃にする」
ということを、大家さん(不動産屋さん?)から、うかがったそうです。

しかし、新しく入居された方に家賃をうかがったところ、
みなさんそれとなく口を濁して、家賃を教えてもらえませんでした。
その後、たまたま入居案内の冊子をみていると、新規に入居される人が、
私たちより9,000円安く入居していることがわかりました。

長く住んでいる同額の住民は1階、2階と別れてすんでおり、角部屋の人も、
そうでない人もいるため、部屋による格差はありませんでした。

今後、不動産屋さん、大家さんと交渉していこうと思っております。
   ・事前にやっておくべきこと(作成すべき資料など)
   ・注意する点、
   ・家賃値下げの可能性
などについて、教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。




□■アドバイス

まず、「今後は新規に入居される方と同じ家賃にする」との話を伺ったのは
1人だけで、値下げの事が明記された契約書や念書がある訳ではない…
ということで理解致します。

新規募集で値下げするということは、近隣家賃と比較して
まだ家賃が高い可能性もありますので、もし揃えられれば、
近隣の同程度のアパートの家賃の資料があると良いと思います。
無ければ、契約書の家賃の改定条項と入居案内の冊子だけが
値下げの根拠でしょうから、その冊子を用意して交渉することになるでしょう。

値下げの可能性については何とも言えません。
家賃の改定については、近隣と比較して著しく不当でない限り、
賃貸人と賃借人の話し合いで決められるべき事柄だと思います。

(高原開発・涌井秀人さん)




■□相談者より

ご回答ありがとうございます!
ご理解いただきましたとおりです。

資料類を教えていただき、ありがとうございます。
早速、探してみます。

本屋などで自分でも調べてみましたが、
今年の1月に家賃がさがった時点で、新規入居者との差額の
半分ほど下がっていることになるので、それ以上の値下げは
正直むずかしいかとも思っております。

ただ、新規入居者には(現在の私たちの差額と同額の)
9,000円の駐車場料金をとっていて、
それによって、見かけ同額にみせようとしていた感じもあり、
心情的に納得のいかないものはあります(個人的なことですが、
私は駐車場は契約していませんし、以前からお住まいで
駐車場契約されている方は、さらに9,000円を払っているわけですから、
納得いかないであろうとは思います)。

全額認められるというのは難しいとは思いますが、
できる限りがんばってみようと思います。ありがとうございました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6985435

賃下げ交渉についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト