« 契約書の存在しない親族間の賃貸契約について | メイン | 防犯に対する大家の責任について »

残債の引継ぎについて

相談内容 

静岡・30代女性
6年前に実母名義の土地に、実姉(長女)の夫名義で
2世帯住宅を建築し、その4年後に姉が他界し、
今回、義理の兄が再婚のため、家を出ることになりました。

その際、義兄名義のローンが残り、処理方法が問題になってます。

次女(シングル・子供2人)が、その家を購入して、
親の面倒をみることに対しては、義兄も了承しています。
  
しかし、家のローンは一切今後払わないと言っており、
残債をすべて次女が引き継ぐことを主張しています。

しかし、残債の引継ぎではなく、
その家の評価額分で買うようにはできないのでしょうか?


□■アドバイス

ご相談内容を整理したいと思います。

  1.義兄は家を出て、その家を次女に売却する。
   その売却価格はローンの残債分として、
   ローンの債務者の付け替えをする。
  2.次女はその家の評価額で購入したい。
   (評価額というのは、まさかとは思いますが、
    固定資産税の評価額のことではありませんよね。
    もし、固定資産税の評価額のことをさしているとすれば、
    ちょっと無茶な要求だと思います)

基本的なことを言いますと、親族間の売買契約ということになると思われます。
税務署の無料相談室に最初に相談して、
   ・親族間の売買とみなされるのか?
   ・みなされた場合、いくらくらいの売買契約が妥当か?
を確認して下さい。

親族間の売買の場合は、税務署のデータと比較して、
低額であり、妥当と認められない場合に、
その差額を贈与としてみられ、贈与税を掛けられる場合があります。
一般に親族間の売買金額は、世間一般の取引よりも高額と言いますか、
値引きされません。
それは、前述のとおり、贈与税の対象にされやすいからです。
(高原開発・涌井秀人さん)


■□相談者より

ありがとうございました。早速、税務署に相談に行ってみようと思います。
1点、質問です。
登場してくる該当者はそれぞれ世帯が分かれていますが、
親族間の売買になりますか?


□■アドバイス:2

税務所の見解によると思います。
親族間の売買については、会計事務所でさえ、
「税務所に確認して下さい」と言いますので、その点、ご理解下さい。
(高原開発・涌井秀人さん)


■□相談者より

わかりました。相談してみます。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト