« 家賃滞納者に対する対処法について | メイン | 分譲地の購入後の遊歩道計画の変更について »

賃料交渉決裂に起因する立ち退き要請について

相談内容 賃料交渉決裂に起因する立ち退き要請について

神奈川・20代男性
はじめまして、飲食業を営むサッカーと申します。
テナントの契約更新についての相談です。

先日、仲介の不動産屋さんから、
  「大家さんから、今度の契約更新時に
   賃料を改定(値上げ)して欲しいとのことなんですが…」
と、連絡を受けました。
私も以前から大家さんに、
  「共益費(階段及び看板の電気代)が以前より高くなったから、
   次回の更新時に家賃の改定を…」
という話は聞かせれていました。
大家さんともめたりするのも嫌だったので、
少しくらいなら…と思っていたのですが、
金額を聞くと家賃を10%以上値上げするとのことでした。

 その理由については、
   ・火災報知器の設置費用、および階段などの電気代を考慮して
 とのことでした。
  
火災報知器を設置する理由として、うちの様な風俗営業の店舗が
入居するテナントは、法改正により義務づけられたのですが、
だからといって火災報知器の設置負担は貸主の負担だと思っていました。

ですので、私の方で、「これ位までの値上げなら…」と交渉すると、
 「その家賃なら、消防設備の50%を負担して下さい」
と言われてしまい、それは難しいのでできないと返答すると、
 「では、契約は更新せず時、間の猶予をもって
  契約解除、退去して頂きます」とのことでした。

急にその様なことを言われても困るので、消費者生活センターなどに
相談してみると、やはりその様な設備は貸主の負担なので
払う必要は無いと聞きました。
 その旨を不動産屋さんに伝えると、
「それはあくまで一般論であり、これは当事者同士の話し合いだから」
と聞く耳を持ちません。
そして、
「6ヶ月後に契約解除とし、退去してもらう」
とのことです。

しかし、契約した時に仲介した業者というのが
大家さんの知り合いが働いている不動産屋で、
契約書もその不動産屋の名前が記されています。
その人が違う不動産屋に移った時に、
  「契約書はそのままで構わないので、振込先だけ新しい会社の方に」
と言われました。
結局、また違う会社に移り、今では3社目です。
しかもこの時は連絡もしてこない始末でした。

交渉していても仲介というより、大家さんの代理人のような感じです。
この様な設備負担を借主も負担しなくてはいけないのでしょうか?
また、この様な理由で、
私どもの店は退去(契約解除)しなくてはならないのでしょうか?
是非、お力を貸して頂ければ…と思っています。


□■アドバイス

出て行かなければならないのか…とのことですが、
サッカーさんは、値上げ要求された家賃が、近隣の同等物件と比べて、
安いとお思いですか、それとも非常に高いとお考えですか?

つまり、ここがトラブルの原因です。
  もし出て行きたくなければ、
   ●賃料が高いか安いかを裁判所(簡易)申し立てを行った後、
    それなりに、今の貸りている所でなければならない理由を申し出る必要
  があります。
  一般居住用賃貸とは違い、テナント等は、ここでなければ、
  生活の場が失われる(収入が完全に無くなるなど)の正当な事由が、
  ある程度(60~70%位)必要となります。

  私の結論としましては、
   ●借りているものが絶対的に強いなどと勘違いしないこと
  です。
  
裁判所に賃料減額請求、または、増額請求の申し立てで不服があれば、
ある程度の法律で定められて期間をおいて通知すれば、契約解除できるのです。

原則賃貸借契約といっても契約の一種ですから、解除も締結も本来、自由です。
ただし、一般賃貸住宅は「住み家は必ず必要である」が故に、法的に守られています。
(東京都東村山市・佐藤政利さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/11433914

賃料交渉決裂に起因する立ち退き要請についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト