« 無断駐車の注意の仕方について | メイン | ペンキの臭いを早く消す方法について »

設計士の勝手な判断による外壁塗装変更について

相談内容 設計士の勝手な判断による外壁塗装変更について

沖縄・30代男性
現在、1階のスラブが終ったRC造りの家です。
  設計士を通していますが、相談当初から、
   ●外壁はコンクリート打ちっ放し
  として、一貫して進めてきました。

ところが、1階の下駄ばき部分が終った時点で、
コンクリート打ちっ放しではなく、
吹きつけ塗装の仕様になっていることが判明しました。
  確認したところ、
  「料金を下げる時点でそうなった。
   ただ、伝えてなかったのはこちらの(設計士側の)落ち度。
  コンクリート打ちっ放しにするには100万円ほど追加になる」
 という説明されました。
 もう100万円なんて出ませんが、払わないといけないのでしょうか?



□■アドバイス

建築設計士との契約が不明なため、明快な回答はできませんが、
工事費100万円は払う必要はありません。
そのことで、工事会社が損害をこうむるなら、建築士が対応すべきです。

ただ、あなたが建築士を信頼して、業務を委任しているなら、
工事費は支払わなければなりません。
そして、あなたが建築士に対して損害を請求してください。

  「建築士を通している」の表現が、まったく理解できませんが、
   ●工事会社の建築士資格を持っている人を窓口に
  との意味なら、支払いは完全に必要ありません。
  それは、建築設計に関して、なんら契約をなしていないと思われるからです。

今の世情で有名な事件も、肩書きや資格が一人歩きをしていて、
本来の業務内容や責任や信頼がないがしろにされています。
あなたの立場に立っている建築士でない限り、あなたの見方ではありません。
すなわち、きちんと業務を依頼し、その対価をお支払いか…ということですね。 
(一級建築士イ・ンテリアプランナー 中尾正文さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/11921146

設計士の勝手な判断による外壁塗装変更についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト