« あいまいなローン金額について | メイン | 借地権付マンションの譲渡承諾料について »

2年前に退去した物件の大家からの請求について

相談内容 2年前に退去した物件の大家からの請求について

宮城・30代男性
はじめまして。
2年前に退去した大家から、今、請求がきております。
こんなことってあるのか?…と思い、ネットで検索して、たどり着きました。

借りていた時に家賃の滞納はなく、大家は転勤のために県外におり、
直接の話は全くなかったのですが、エアコン、ストーブ等の設置の際も、
仲介の不動産屋さんへ了解を得て、取り付けしておりました。

今、大家から請求が来ているものは、そのように、
不動産屋さんの了解を得て取り付けしたケーブルテレビの件でした。

大家の言い分は、
  「取り付け自体、了承していないし、
   家にケーブル引き込みの穴を開けたので、修繕費を支払え」
ということです。

立ち退きの際、図面に入居前の傷等を記入したものを、
不動産屋さんが持参し、チェックしながら…でした。
こちらも、そのチェックで安心してしまったのはミスでしたが、
清算も済み、2年も経ってからの請求に驚いております。

支払って終らせた方が楽なのかとは思ったりするものの、
すっきりしない部分もあります。
このような請求に対して、どう対処すれば良いのでしょうか?


□■アドバイス

気分的に嫌だし、不愉快ですが、「反論におよばず…」ばずです。
  つまり、
   ●「無視」が最良
  と、アドヴァイスさせてください。

 理由1.
   退去査定は、事実に基づくというより、事実に基づいて合意精算する
   事務的手続きです。つまり、金銭により精算して区切りをつける方法なのです。
   民法で「原状回復義務はあり」となっていますが、現実的には原状回復は
   不可能なので、それに見合う程度を示談して金銭で賠償するをもって、
   原状回復としています。よって、精算は終了していますから、無視してよいのです。

 理由2.
   損傷、汚損の事実をもって、無条件に賠償責任があるのであれば、
   永久にその責任は逃れませんし、事実認定は、膨大な時間と費用が発生します。
   いったい、その費用は誰が負担すべきなのでしょう?
   つまり、合理的科学的思考は、
    ●精算手続きをもって遡及しないこと
   になります。あとで、「ここが傷着いていた」と言われれば、反論はどうする
   のでしょう?
   しかも、2年も経っては、その事実があなたであるとどのように証拠立ててい
   るのでしょうか?
   不可能ですから、よって2年の時間が無意味さを補強します。

当時の不動産屋との清算書が手元にあれば、何があっても大丈夫ですよ。
こんなことがまかり通れば、一度借りたら、
一生請求におびえる人で、日本中が溢れ返りますね。
無視が一番ですが、どうしても発言せざるを得ない状況に追い詰められたら、
TV線を認めないのでなく、「精算は終了したと認識している」の一本で、
対応してください。
もし、不動産屋さんに精算代理をしていなかったとの言い分があれば、
善意の当事者として、
 「不動産屋さんが、無委任行為をするはずなど、思いもよらなかった。
  その契約上の違反は、当事者同士で解決してほしい」
と言ってください。
以上、査定経験200件以上の現役一級建築士より
(グッドカラーステッション・中尾正文さん)


■□相談者より

中尾正文様、ご回答ありがとうございます。
ただただ、びっくりして動揺してしまっていた時に、
中尾様のご回答を頂き、安心して無視しようと思っておりました。
  
しかし、社宅扱いとしての法人契約だったため、本社へ連絡が行き、
給料天引きにて支払うと本社より通達が来ました。

そのため、無視することもできない状態となり、
直接やり取りしなければならない状態となってしまい、
現在仲介の不動産屋さんとのやり取り中です。
不動産屋さんでは、双方に過失ありの認識で、
減額(上限半々で、お互い負担)の方向で話が来ています。

ご指摘いただいた旨を話してみたのですが、どうも歯切れが悪く、
それに対しての回答はまだありません。
すっきりとお礼のお返事をしたかったのですが、どうもこじれそうです。

また何か動きがありましたら、書き込みいたします。
次に解決のお礼ができると良いのですが…。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/12940448

2年前に退去した物件の大家からの請求についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト