« ブロック塀上の境界杭の有効性について | メイン | 私道の通行トラブルについて »

駐車場トラブルに起因する脅迫行為について

相談内容 駐車場トラブルに起因する脅迫行為について

長野・20代女性
昨年10月に、賃貸で下記のようなアパートを借りています。
 ・一軒家の形で1階、2階に分かれて二世帯住める。
 ・駐車場は一世帯に2ヶ所、計4ヶ所、駐車場がある。
 ・鍵の受け渡し前は、当方の駐車場は1、2番と言われていたが、
  不動産屋(貸主)の都合で1、4番に変更になる。
  (道路自体に文字は書かれてないが、1番と4番は当方、
   2番と3番は1階の世帯主と記載された配置図を渡された)
  (備え付けの物置の配置が1階分は庭に設置、
   2階分は駐車場4番の後ろに設置となり、
   その絡みで、当方の駐車場は1、4番となる)

私は車は1台のみ持っていて、常に4番の駐車場に置いています。
しかし、引越し当初、空いている1番の駐車場に無断で車が停まるようになり、
常に駐車場を見張るわけにも行かないので、
車に張り紙で「無断駐車をしないでください」と警告していましたが、
その後も無断駐車が続きました。
  
たまたま見ていた時に、無断で停めていた人が車に戻ってきたので、
注意をすると、「隣の人が1番に停めていいって言った」とのことでした。
そこで、不動産屋に仲裁してもらい、無断駐車をやめてもらいました。

これで、問題は解決したと思っていたのですが、1階の人が引越し、
今月、新しい方が越されてきました。
それと同じころ、不動産屋(妨介・代理業者)から電話があり、
駐車場4番を2番に変えてほしいと電話がありました。
  
当初は不動産屋の都合で、1、2番を1、4番して欲しいと言われて変えたのに、
いまさら…という気がし、しかも、物置の配置を考え、お断りしました
(私の玄関が駐車場4番側にあるので、それも考えました)。

ところが、これがきっかけで問題が発生しました。
先日、私の車の前に無断駐車している車があったので、
「下の人か、分からないが、とりあえず警告しとこうかな」と、思い、
張り紙をワイパーに挟ませてもらいました。
  
すると、下でガヤガヤと音がしたので、行ってみたら、
下の階の友人が停めていたそうです。
私も表に出て「ここに停めないでくださいね」って言ったら、
下の世帯主・Wさんが怒鳴りながら、襲ってきました。
  
彼が言うには、「4番はWさんの駐車場だから、勝手に停めるな!」とのことで、
自転車は壊されるし、玄関のドアは殴られて傷は付くし、
「殺すぞ、ぶっ殺す、オメーの顔覚えたからな!」と脅迫され、大暴れされました。

その後、不動産屋(妨介・代理業者)に電話をしたところ、
Wさんが先に電話をしていたらしく、張り紙を張ったことに怒りを覚え、
暴れてしまったと、不動産屋(妨介・代理業者)に話したらしいです。

私も怒鳴られ、殴られそうになったので、
不動産屋(妨介・代理業者)に来てもらいました。
そこで事情を聞いたところ、Wさんが鍵受け渡しまで、
Wさんの駐車場は3、4番と聞いていたそうです。
不動産屋(妨介・代理業者)も3、4番と思っていたらしく、食い違いが判明しました。
  
もとは不動産屋(貸主)が駐車場の配置変更を不動産屋(妨介・代理業者)に
申し送りしておらず、しかも、駐車場の変更は、私たちの依頼、都合で変更したと
不動産屋(貸主)が不動産屋(妨介・代理業者)に言ったそうです。
  
それを、不動産屋(妨介・代理業者)が1階のWさんにそのまま伝えたそうです。
もちろん、私たちは一切、全てにおいて依頼なんてしたことはありません。

私はこの一件があってから、表に出ることもできずに、
また、いつWさんが暴れるかと思うと恐ろしくて仕方ありません。
  
Wさんを引越しさせても、逆恨みが恐ろしく、私たちが引越しをしたい旨を
不動産屋(妨介・代理業者)に伝えたところ、
  ●私たちに非は無く、敷金・礼金・引越し費用を持ち、引越しさせてくれる
と言ってましたが、不動産屋(妨介・代理業者)の対応は遅くて、
主人の会社からは借主は主人の会社であり、会社で賃貸の契約を結んでおり、
引越ししたら、家賃補助が出ない可能性があるとのことでした。

現在、不動産屋(妨介・代理業者)・不動産屋(貸主)・
主人の会社とで話し合いをしているらしいのですが、
当事者の私の気持ちが省かれている気がしてなりません。
  
どうすれば、今までと同じように生活ができるようになるのでしょうか?
毎日、恐怖と落胆で、食事も喉に通らないほどです。
どうか、私に知恵を教えてください。


□■アドバイス

私見ですが、貴方の対応の一番の失敗は、
「自転車は壊されるし、玄関のドアは殴られて傷は付くし、
 「殺すぞ、ぶっ殺す、オメーの顔覚えたからな!」
 と脅迫され、大暴れされました」
この暴力事件の時に直ぐに110番で警察を呼ばなかったことですね。
でも、今からでも遅くは無いと思います。

根本的に考え違いをなさっていると思うのですが、
暴力事件と不動産契約とは別の問題ですから、
不動産業者や契約上の賃借人の会社が相談するのは当然です。
  
暴力は暴力で刑事罰の対象で、暴力を振るった本人(Wさん)が、
貴方に直接謝罪しない限り、基本的に解決しないということです。

暴力によって、物損があったのであれば、
刑法261条の器物破損罪の対象に、充分なるでしょう。
   ※刑法の参考条文
    (器物損壊等)
     第261条 前3条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した
          者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処す
          る。

貴方や貸主、会社と相談して
警察に被害届を出されることが一番の解決策となるでしょう。
被害届が出されれば、Wさんは必ず取り調べを受けることとなります。
少なくともWさんにはかなりショックとなるはずです。
ましてや、前科のあるようなその筋の方であれば、逆にかなり利くはずです。
書類送検されるかどうかは、おそらく貴方達が決定権を持つこととなるでしょう。

そして、当然のことですが、損害賠償をWさんに請求すべきだと思います。
器物破損で、書類送検→罰金刑までもっていければ、損害賠償請求で
民事調停、もしくは裁判を行う場合でも、かなり有利となります。
また、刑事罰の書類送検までもっていければ、
「今後一切強迫めいたことを言ってはならない」「直接話しかけない」
ということも要求できる可能性もございます。

なお、通常軽度の器物破損の場合は、
書類送検としない代りに、実損金額(例えば3万~5万円程度)を、
警察がWさんに支払わせることを約束させ、現金を貴方達に渡して
被害届を下げ、Wさんに、今後、一切の強迫行為を行わないように
注意する…程度のことはよく行われています。
(高原開発・涌井さん)


■□相談者より

ありがとうございます。これまで、「逆恨みをされたら…」と思い、
主人も含め、警察に届け出ることをためらっておりました。

「暴力事件と不動産契約とは別の問題」
と、おっしゃっていただき、気持ちに整理がつき、励みになりました。
この言葉を胸に、警察に届け出たいと思います。

主人の会社が引越しを認めない、または、引越ししても
家賃補助が出ないようであれば、今の家に住まわざるを得ませんし、
私自身も精神的に苦痛を受け続けておりますので、
Wさんにはそれなりの償いをしてもらうと思います。

ありがとうございました。
また、状況が変り次第、ご連絡申し上げます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/13050306

駐車場トラブルに起因する脅迫行為についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト