« 構造上の欠陥による契約解除について | メイン | 農業振興地域について »

立ち退きに応じない借主に対する責任について

相談内容 立ち退きに応じない借主に対する責任について

神奈川・50代女性
はじめまして。借家のトラブルに関する質問です。
60年以上、契約書なしで貸してある家がありますが、
老朽化しすぎているので、いまさら手を入れることもできません。
危険なので、出て行って欲しいのですが、断られました
(立退き料を請求されました)

しかし、月1万5千円の家賃、しかも半年ずつの後払いでは、
とても立退き料など出せません。
このような状況で、老朽化が原因で事故が起った場合、
たびたび「出て行って欲しい」と要求していても、家主の責任になるのでしょうか?

また、売って欲しいとも言われてますが、その場合
「長年住んでいる」という理由で、安く売らなければならないのでしょうか?
一応、査定してもらったところ、坪60万円で、28坪ですが、
親が「存命中は売りたくない」と言っておりますので、困っております。

どうかご助言ください。


□■アドバイス

私見ですが、
   ●明渡しの要求 → 賃借人の拒絶
    → 賃貸人からの立退料の提示による交渉 → 明渡し
という流れが一般的かと思います。
いくら老朽化しているとは言え、全く立退料の支払い無しに出ていけ…
と言うのは難しいのではないかと思います。

土地を売る場合は、建物は貴方の親の名義なのでしょうから、
底地とは違うと思いますが、いかがでしょうか? 
賃借人からの土地の買取価格の提示額にもよるのでしょうが、
安く売るくらいであれば、立退料を支払った方が良いのではないでしょうか?

賃借人がどの程度の立退料を求めるつもりなのかは解りませんが、
貴方の方から提示すべきかとも思います。
一般的には、安い家賃で貸している物件になるほど、立退料は高くなるという、
賃貸人にとっては矛盾とも思える傾向になっています。
  
これは、「家賃の差額の1年分程度+引越し費用」
が立退料の交渉の目安になっているからです。
立退料については、裁判になってしまうと、
想像以上に高額になる場合が多くなります。
なるべく早い段階で和解される方が良いかも知れません。

しかしながら、立退については一概には言えないことが多いので、
詳しいことは弁護士等の専門家にご相談されるか、
親しい不動産業者がいらっしゃれば、
引越し先も含めた交渉をお願いするのも良いと思います。

(高原開発・涌井さん)


■□相談者より

ありがとうございました。少し解決の糸口が見えたような気が致します。
親しい不動産屋さんはいないのですが、ご意見を参考にして、
相談してみようかと思います。
またなにかありましたら、ご相談させていただくかと思いますが、
その時はよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/16769330

立ち退きに応じない借主に対する責任についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト