« 隣家との境界について | メイン | 賃貸一戸建ての庭木の手入れについて »

登記移転時の謝礼について

相談内容 登記移転時の謝礼について

京都・40代男性
街で暮らしていましたが、7年前に宅地付き農地を購入し、
3年前から家を建て、家族が移住して生活しています。
ようやく土地の方や農業委員の方々に認めていただき、農家登録をして、
土地も仮登記から本登記に移行することができるようになりました。

ただ、この手続きに仲介の不動産屋さんから、
  「先所有者の方の実印がいるので、20万円をお礼として用意して欲しい」
と言われました。

私としては、購入してからの税金はすべてこちらで払っており、
未解決であった水利組合のもめごとも、こちらで(200万円ほど支払って)
解決していることもあって、正直、高いという印象です。

そこでご相談なのですが、このような農地の登記移転に関して、
先所有者にお礼をするのは慣例なのでしょうか?
また、額の相場のようなものはありますのでしょうか?


□■アドバイス:1

私見ですが、
一般的な「はんこ代」と称するものは、5万円位が相場かと思いますが、
「登記移転時に謝礼を支払う慣例」というのは聞いたことがないです。
また、法的には購入当時の売買契約内容に準じます。
ただし、地域地区によっては存在する慣例かもしれないので、
地元の自治会長や役場に問い合わせしてみるのも一考かと思います。
(響不動産リサーチ・山中祐次さん)


□■アドバイス:2

詳細が非常に解り難いのですが、
   ●市街化区域外か調整区域か都市計画区域外の(つまり市街化区域以外の)
    宅地と農地(恐らく農振がかかっている)を7年前に購入
   ●宅地は昔からの宅地なので、すぐに所有権移転登記し、建物も新築できた。
   ●しかし、農地は農家資格が無かったので、仮登記だけしておいた
と推測し、
以上の通りだと仮定した上で、私見を言います。
なお、違っていたら、詳細を教えて下さい。

まず、農家資格を取得するためには、
各地方自治体で決めている最低耕作面積が必要です
(私の地元だと1反分~4反分で、自治体や地域によってバラバラです)。
それと、一定数以上の農業用機械(トラクター等)が必要です。
そして、貴方が農家資格を取得するために、これらの条件をみたしていたのか
どうかによって、かなり考え方は変ると思います。

満たしていなかった場合は、それらの名義貸料的な意味合いが強くなると思いますので、
謝礼については相対で決めるべきですし、本来はやるべきではない名義貸し
(耕作面積の水増しや農業用機械を譲渡したことにする)を、
無料で行う人はいないでしょう。
つまり、謝礼の支払いも理解できるとも言えますし、
トラブルと農家資格を取り消されることもありえると思います。
これらの名義貸しの相場は、かなり高くなるのが普通だと思います。

満たしている場合は、その仲介業者や売主さんが特別な苦労をすることも
無かったのではないかと思いますし、所有権移転のために実印をもらうのは、
無料であるのが普通だと思います。

問題は、貴方が農家資格を取得するために、
売主や仲介業者が特別な融通を図ったかどうかではないでしょうか?
また、それらの融通については、事前に説明があったかどうかも大事だと思います。

なお、宅地に建てた建物が売主の名義貸しによる農家住宅や分家住宅だった場合は、
それなりの謝礼は要求される可能性はあると思いますが、
それも事前に相対で決めておくべきことだと思います。
(高原開発・涌井さん)


□■アドバイス:3

不安に感じられている事柄は、いわゆる、判子押料というものと考えます。
業界の慣例でなく、地域により考え方がまちまちで、
各地方により慣習、不文律として存在しているのではないでしょうか?
押印や印鑑証明書等を依頼する場合は、その方は手間や金銭(旅費・日当)を
費やすこととなりますので、これに対する(実費を含めた)お礼と考えることが、
できると思います。
 そのため、
   ●実費+日当+感謝の気持ち
で、考えてみてもよいのではないでしょうか?
(マルケイ・門田さん)


■□相談者より

早速のご回答、ありがとうございました。
また、説明不十分でご迷惑をおかけしました。
まずは、その点から補足させていただきますが、
基本的に涌井様に仮定いただきましたとおりです。

耕作面積、農業機械等、諸々の条件は満たしたものとして、
役所、農業委員会には認めていただきました。

このために売主・仲介業者さんに何かをお願いしたということはありませんし、
もちろんこれからも、名義貸し等など、売主さんに何らかの便宜を
図っていただくこともありません。
そのため、私としては「無料であるのが普通」だと思っています。

ただ、登記移転にかかわらず、一般的な謝礼という捉え方ですと、
(今回の請求額は別ですが)納得できます。
とは言え、購入時の売買契約には「売主は登記移転に協力する」という
但し書きがあるのですが、
具体的な内容や金銭のやり取り等については触れていません。

何分、慣れないやりとりで困っておりましたが、
おかげさまで大体の感じがつかめました。
お忙しい中、ご回答ありがとうございました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/17701692

登記移転時の謝礼についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト