« 購入後、民事再生で区画が半値になった問題について | メイン | 退去した物件でのトラブルについて »

買い付け証明を出したのに二番手扱いになった場合について

相談内容 購入後、買い付け証明を出したのに二番手扱いになった場合について

福岡・男性・30代
土地購入に関しての相談です。

自分で見つけた土地に対してハウスメーカを通して
買付証明を不動産業者へ提出し受理されたので、
安心して間取りのプラン決定後、いざ手付金を入金しようと
期日や条件をハウスメーカ経由で不動産業者へ確認を取ってもらったところ、
「すでに別のお客様が商談を進めております。」との回答。

結局2番手扱いとなり、ほぼこの案件は無理な状況となってしまいました。

これまでの打ち合わせでお金や時間を費やしてきたことを考えると
何のための買付証明かと非常に腹立たしく思っているのですが、
こういうことは良くあることでしょうか?
また、よい解決方法等ありますでしょうか?


□■アドバイス

私見ですが
不動産売買契約の本筋は『売買契約』の締結です。
買付証明書は、その前段階の申込で有るということになり、
賃貸住宅の入居申込書程度の拘束力しか持っていません。

順位保全については、買付証明の日付と、
『別のお客様』が交渉開始したのが、どちらが先かによるでしょう。
ハウスメーカー経由ということですから、
恐らく『別のお客様』が先に交渉していたのではないでしょうか?
(もし、そうでなかったとしても、そう言われてしまうでしょうし、
証拠も無いでしょう)

万が一、『別のお客様』が後出しジャンケンの場合ですが、
これはあくまでも、『同等条件による購入の場合は順位保全を行う』
ということになるのではないでしょうか。
(当社の場合は、同等条件による購入の場合は順位保全を行うと
明記しておきます)
つまり、売出価格より値引き交渉した上での
『値引き価格』で買付を入れた場合、
本来の売出価格により近い購入希望者が現れた場合は、
『より売出価格に近い購入希望者が現れた』旨の連絡を入れ、
『あなたより高い価格で購入希望者が現れましたが、
 あなたはどうしますか?』
と言うことになるかと思います。

また、売出価格のまま買付証明を入れ、且つ、先に入れたことが
明確な場合は、もちろん、引き下がる必要もありませんし、
自分に優先権が有ると強固に主張すべきですし、
元付もしくは売主業者は、
信義誠実に則り、あなたに売るべきだと思いますし、
かなり問題となるのではないでしょうか。

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/22099567

買い付け証明を出したのに二番手扱いになった場合についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト