« 水田を購入し宅地にするための契約について | メイン | 親が認知症の実家の賃貸について »

外国人の不動産購入について

相談内容 外国人の不動産購入について

愛知・男性・30代
日本に在住している外国人が不動産を購入する予定です。
もし、本人の都合で母国に帰ってしまった場合(帰国中にビザが切れた場合)、
残された不動産はどうなるのでしょうか?
そのまま自己所有のままでしょうか?


□■アドバイス

私見ですが、
日本の場合、所有権移転登記には住民票が必要ですが、
外国人の場合は住民票に代わる外国人登録証明を
市町村役場で発行してもらえます。

所有権の登記は、ビザとは関係ありませんので、
ビザが切れて帰国したとしても、登記はそのままとなるでしょう。

然し、物件を処分する場合は、印鑑登録証と実印が必要となります。
外国にいながら物件を処分するのは、事実上不可能となるでしょう。
できれば、ビザが切れる前に物件は売却処分した方が良いかもしれませんね。

尚、外国人登録証を提示すれば、役場で印鑑登録は可能です。

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/21804365

外国人の不動産購入についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト