« 水漏れ被害にあったのに部屋を修復してくれない不動産業者について | メイン | 競売で貸主が変わった場合の敷金返還について »

給排水管の修理責任について

相談内容 給排水管の修理責任について

東京・男性・30代
都内でマンション経営しております。
築30年強が経過していることから、
給排水管からの水漏れがたびたび発生しております。
その際、いつも問題になりますのが、その責任の所在。
給排水管詰まりであれば高圧ポンプで復旧できますので
たいした金額になりませんが、
配管に穴などありますと高額な修理費用となります。
当方、居宅用の物件とテナント物件とがございまして、
特に借り主の手で内装されたテナント物件の場合、
どこまでの給排管が貸し主のモノ(責任)で、
どこから先が借り主のモノ(責任)なのかが不明です。
おわかりになります方はお答え願います。


□■アドバイス

私見ですが、
賃貸マンション物件で、築後30年経過と言う事になりますと、
基本的には貸主で有る相談者が、修復すべきと思います。

事業用で、借主が施工した部分については、
本来はその施工図面を賃貸人に提出し、承諾を得るべきです。
そしてその時に、保守管理・原状回復・買取請求権放棄についても、決めるべきです。

それが無い場合は、相談の上で決める事になろうかと思いますが、
貴方も不動産賃貸業者であり、プロなのですから、
この際に、賃借人と交渉しはっきりと対策し決めておくべきかと思います。

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/23602806

給排水管の修理責任についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト