« 開発道路について | メイン | 競売と引渡しについて »

諸経費の計算ミスについて

諸経費の計算ミスについて
大阪・女性・40代

母が新築マンションを購入予定。
年齢的にローンが難しいので、支払は母がしますが、
主人名義でローンを組み、契約進行中。
現段階で、売買契約を交わし、ローン審査中です。
主人は、2008年、私どもの自宅をローンで購入しているので、
今回は親族入居のセカンドハウスとしての契約です。

マンション(昨年に完成済み)を見に行った時に、
「今の借家の家賃と同じぐらいで購入できるのであれば・・・」っと話したところ、
この物件なら・・・っと購入をすすめられました。
その後①セカンドハウス②親族入居でもローン可能な銀行を紹介してもらいました。

売買契約を交わす前に聞いていた登記費用がセカンドハウス用に計算されておらず、
諸経費が15万円ほどあがると本日、連絡がありました。
不動産業者のミスですが、全額支払わないといけないのでしょうか?
登記費用を割り引いてもらえないのは承知しておりますが、
電話で済まそうとする対応にもがっかりしております。
他で割り引いてもらったり、不動産業者が一部負担するということはできますか?


■アドバイス

私見ですが、恐らく、登録免許税の住宅の軽減税率のミスによるものかと思います。

登録免許税の納付義務者は、あくまでもご相談者になります。
これは売買契約書にも「所有権移転登記費用は買主負担とする」
等と明記されているとも思います。

ですから、支払わないと所有権移転登記も行われず、
場合によっては契約違反とも成り得る点も心配されます。

業者の説明ミスを責めるのは、当然可能なのですが、
不動産売買契約とは別次元の問題かとも思いますので、
その点にご留意されて、業者と値引き交渉等されたら如何でしょうか。

(高原開発・涌井さん)


■相談者より

涌井様、丁寧なご回答ありがとうございました。
やはり、こちらが全額負担で契約をすすめました。
母親が かなり 物件を気に入り、
契約無効になるのは避けたかったので・・・。
書き込みをし、回答をいただけて、気持ちが楽になりました。
貴重なお時間をいただいて、本当にありがとうございました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/26064821

諸経費の計算ミスについてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト