« 賃貸アパートの風呂釜の修理について | メイン | 私道路の利用許諾について »

家賃滞納時の賃下げ交渉について

家賃滞納時の賃下げ交渉について
大阪・女性・30代

家賃滞納時の賃下げ交渉について。

新築で入居して7年目になります。
先々月(10月)の更新時、家賃2ヶ月滞納してたのですが、
空きがあったとこが私たちの家賃よりも5000円安かったのを広告で見たので、
貸主側に賃下げ交渉をしに行ったところ、無理との事。。。

私たちが入居したときは、敷金25万円、家賃7万2千円、
共益費3千円で契約したのですが、今入居された方の内訳は、
礼金1ヶ月、家賃6万円、共益費5千円ということ。
今年の10月と11月に2度、足を運んで交渉しましたが、無理の一点張り。
やはり、滞納してる間は、家賃の見直しというのは厳しいものなのでしょうか?

ちなみに、貸主側からこういう提案があったのですが。。。
「今預かっている敷金25万を私たちに返還(解約)して、2か月分(15万円)と
保障会社に入会するのに、現家賃の半分(3万7千5百円)の
計18万7千5百円を敷金の25万から引いて、残りを私たちのもとに返す」
というのです。
それで初めて賃下げ交渉に応じてもらえるのかと思ったのですが、
賃下げ交渉には応じてもらえないとのこと。
私たち家族も本当は滞納なんてしたくはないのですが、
昨年8月に破産の免責もおりてますし、私は持病を持ってて
障害者手帳も所持してます。働くこともできません。

ちなみに、貸主側の提案に関しては、ダンナは反対しています。
もう正直、どうしていいかわかりません。
そういうやりとりで、持病の状態も悪化、毎日薬に頼ってる状態です。

こういう状況でも、やっぱり賃下げには応じてもらえないものなのでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いします。


■アドバイス

私見ですが、
借地借家法の対象となる賃料の額の増減は、当事者双方の合意によって可能です。

一方が拒否した場合は、民事裁判による判断となりますので、
民事調停または民事裁判により、賃料の変更を行う事になります。

最近も、賃借人に対し地主代理人の弁護士が地代増額の内容証明を送付して来ましたが、
増額拒否と減額交渉の内容証明を返送すると言う、私のアドバイスにより弁
護士は増額について引下がると共に、減額は拒否する返事をよこしました。

つまり、実際には賃料は、一度決めると、
当事者双方が納得するか、裁判所に申し立てるしか有りません。
不満が有れば、裁判所にそれなりの根拠を持って申し立てて下さい。

また、その前の交渉時点で、賃借人は『値下げしないなら出る』と言う言い方をすると
効果的なのですが、家賃滞納者となると、大家は逆に出て欲しいでしょうから、
これも効果は期待できません。
(高原開発・涌井さん)


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/27013237

家賃滞納時の賃下げ交渉についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト