« 売主と施工主のマンション修繕について | メイン | 大家からの騒音クレームについて »

事故物件の隣の分筆について

事故物件の隣の分筆について
埼玉・男性・30代

不動産売買でもめています。
土地の分筆した料金(30万)の支払はするべき?

「現状」
田舎不動産
売買物件でなくこちらの意思にて購入を申し出。
相手は、不動産を売る予定はなかった。
物件は自殺家屋の地続きだが住所は違う。
物件は父親名義で、事後息子名義へ。
事前時に物件を模索、事後物件の分筆を依頼。
不動産の正式な売買契約はまだしていない。
分筆後に、隣接家にて自殺を知りキャンセル。
隣接家は1軒のみ。現在空家。
自殺は、2010年度。実際にその人に会ったことある。
その物件を検討中時は、その人はご健在。

「相手言い分」
隣接地は住所も違うし、
売買物件での出来事ではないので告知する義務はない。
事後に、売買の話がきたので告知する必要はない。
(事前に模索している状況をしらない。仲介人が不動産をもっている人の親戚)
払わなければキャンセルの違約金がむしろ発生する。

「手前の言い分」
自殺とわかっていれば分筆は依頼しないでやめた
隣接地だからと言って告知しないのはおかしい。
自殺物件は空家状態で残り、新居を建てたくないのは普通の心情。

宜しくお願いします。以上


■アドバイス

詳細が良く解かりません。
不動産業者が仲介に入っている様ですから、その業者が所属する
不動産業者団体の地方支部等の綱紀委員会等にご相談されては、如何でしょうか。

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/27269941

事故物件の隣の分筆についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト