« 区画整理予定の私道の舗装について | メイン | 離婚後の財産交換と名義変更について »

契約における連帯保証人の代筆について

契約における連帯保証人の代筆について
千葉・男性・30代

先日、賃貸契約をして解除した者です。
契約の解除の申し出が家賃発生日の翌日であったので解約扱いになりましたが
契約の経緯に関して不明な点が多すぎるのでどなかた教えて頂けないでしょうか?

今回は仲介の不動産屋を通して他の管理会社と契約をする事になったのですが
以下の点が納得がいきませんでした。

・契約が郵送契約になる点の説明が無かった。
(重要事項説明に関しては仲介の不動産屋の担当者から受けました。)

・入居申込書の入居希望日の記載場所があるが全く考慮されていない。
(申し込み時には交渉すると言われました。)

・契約書類で初めて借主に不利な契約が明らかになった。
(仲介の不動産屋も知らなかったそうです。)

・説明も無く契約書の連帯保証人の代筆を求められた。

上記の疑問点があり、仲介の不動産屋の宅建主任者の説明だけで。
管理会社の宅地建物取引主任者の説明を受ける事が出来ない点にも疑問を持ちましたが
とりあえず契約期限が今日までで物件には不満が無かったので
連帯保証人名の代筆と自分の署名と押印を済ませて契約しました。
(この時の印鑑は印鑑登録された物で無く、どこでも入手可能な印鑑で
 住民票の提出も求められ無かったので出しませんでした。) 

契約後に連帯保証人の催促がありましたが
実際に問い合わせてみると届いておらず、再発送してもらいました。

あと連帯保証人の代筆の件も納得が行かなかったので問い合わせて
資料を再作成して貰い連帯保証人に至急送付した上で資料をそろえてから入居したい
と伝えた所、2週間後までに用意すると言われたのでその時点で契約の解除を申し入れました。

元々、契約内容に十分納得した上で契約すべきでしたが
契約資料の連帯保証人の代筆に箇所に書き損じがあったのと、
住民票の提出もしてなかったので完全な形で契約が成立してないだろうと思いましたが
どの様な形であれ押印をした以上は契約成立と言われました…

ただ管理会社の方とは一度も会っておらず署名と店で普通に買える印鑑で
本人確認した事になるのかと言ったら入居申込書で完了してると言われました。

解約と言う形になり、事務手数料と鍵交換代・一か月分の家賃を差し引いた
差分の返却になりましたが全く管理会社の宅建主任者には問題がないのでしょうか?

納得行かない点もあるので管理会社の宅建主任者の責任が
多少でも問えるのであれば公的機関にも行く予定です。


■アドバイス

私見ですが、詐欺・錯誤による契約、若しくは強迫による契約の可能性
も否定できませんし、消費者契約法違反の可能性も否定できません。

公的機関にご相談に行かれる事をお勧め致します。

(高原開発・涌井さん)


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/27596041

契約における連帯保証人の代筆についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト