« 店舗の立退き、補償の交渉について | メイン | 市街化調整区域の購入について »

せかされる中古住宅の契約について

茨城・女性・30代
築15年の中古物件を1月9日に1度だけ見て、気に入ってしまい
(ロケーションのわりに値段が手ごろなため)
1月10日、購入申込書に記入しました。

これまで何件か中古物件は見てきたのですが
ここまでしっかり丁寧に作られた家はなさそうと思ったので、
申し込んだのですが。。。不動産担当者が2週間後に契約をする
というスケジュールを組みましょうと言います。

こちらとしては、リフォーム内容もまだ確定せず、
(水回りのリフォームはしないと住めないと思われるのですが。)
もちろんそのため資金繰りもローンの事前審査も通していないのに、
なぜそれほど急かされるものなのかわからず、困っています。

疑問点は下記の5点なのですが納得いくまで住居を見せて頂いてから
契約したいと思っているのですが、無理なのでしょうか?
高い買い物ですし、3歳と8カ月の娘がいて
主人も休みが少なく、物件を見せて頂く時間がありません。
下手をしたら、他のお客様に売ってしまいますよと言われかねず。。。
どこまでお教え頂きますようお願いいたします。

1 図面がない
地元の工務店で建てたとのことですが、
工務店にも売主さんにも図面という図面が一つもなく、今探しているという状況で、
一部部屋については何帖かさえわからない(不動産会社の間取りにも掲載がない)
のですが、仕方のないことなのでしょうか?

2 配管について
今現在、井戸を使用しているのですが、地域の取り決めで
その井戸をつぶして上水道をひくそうです。
上水道のメーターまでは売主さんが負担してくれるとのことですが、
配管は今まで通りのものを使用できると言われました。
築15年の配管をそのまま使用していいものなのでしょうか?

3 2階の和室
和室の畳(12帖)に絨毯がしいてあって和室の痛み具合がまったく見せて
もらわなかったのですが、その部屋についてはすでに壁に穴があるんです。。。

4 シロアリ、床下の浸食について
契約より前に床下や屋根下地の様子などは見せてもらえないのでしょうか?
契約前に、建物を調査する会社にお願いすることはルール違反でしょうか?

5 申込書を記載の段階で
不動産会社(専売ではなく、仲介)の担当者から
金額の交渉はしないで下さいとの説明をされた。
(2780万円から2180万円に1月に入ってから値下げしたため)
(その段階では、図面がないことは教えてもらえていなかった!)

たくさんの質問で大変恐縮なのですが、
あせって契約して後から莫大なリフォーム代がかからないようにするためには、
どうすればよいでしょうか?勉強不足で大変恐縮ではありますが、
何度も物件を見たいというこちらの希望が不動産会社には迷惑な
(はっきり言われてませんが、そのように伝わる)ようで・・・とても困っています。
お教え頂ければ幸いです。何卒よろしくお願いします。


■アドバイス:1

私見ですが、
契約を急がせるのは、その会社が資金繰りが苦しいか、
その営業の成績が悪いかのどちらかの可能性が高いと思います。

後々、後悔しない為にも、十分、ご検討され納得されてから、ご契約されれば良いと思います。
リフォームについては、知り合いの大工・設備屋等にご相談されれば良いでしょう。
シロアリについては、専門業者が無料で点検してくれる筈です。
金額の交渉をするしないは自由ですが、それが条件で有れば仕方無いでしょう。

但し、他に購入希望者が出る可能性も有りますので、ご注意ください。

営業マンにご不満が有れば、その会社の上司にご相談されても良いと思います。

尚、リフォームについては、使う住設機器や材質等のランクによってもかなり変わります。
返済計画を含めご自身の予算とリフォーム内容を決めてから『〇〇の予算内で
これだけの内容でリフォームをしたいが出来るか』と業者に言った方が早いと思います。

(高原開発・涌井さん)


■相談者より

コメントありがとうございます。

主人としっかり確認しあって
本当にこれでよいのか検討を重ねてから契約させて頂きます。

シロアリの件、業者が無料で点検してくれるとは知りませんでした。
知らないことが多すぎるのでこれから勉強していかねばなりませんが、頑張ります。

丁寧なコメントありがとうございました。


■アドバイス:2

一つだけご説明致します。
シロアリの検査が何故無料の場合が多いかと言いますと、
殆どの場合、台所や北側の床下等には、湿気が溜まり易く、
床下の検査時に写真を撮りますと、『要防蟻処理です』
と報告される場合が多いからです。

つまり、シロアリの被害は生じていなくとも、『シロアリが何時入っても不思議では無いので、
5年保証付で処理された方が良いです』と言う報告になるケースが多く、
実際に検査されたお客様の殆どは、写真を確認されると処理を依頼される事が多いからです。

追加ですが、
シロアリ検査の専門業者によっては、屋根裏や土台の調査も行ってくれます。
当然、要処理となった方が専門業者も仕事になりますから、それなりにしっかりと見てくれます。
反面、適当に調査して処理業務を取りたがる専門業者がいる可能性も否定できませんので、
調査結果については、ご自身で良くご確認される事をお勧め致します。

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/28906017

せかされる中古住宅の契約についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト