« 店舗を借りる際のスケルトンについて | メイン | 人気地域のマンションの売却か賃貸か »

相続した借地上の建物の売却について

福岡・女性・30代

お忙しい中、恐れ入ります。
ぜひ、お知恵をお貸しいただきたく相談させていただきました。
今、借りている土地の上にある建物を相続で継承しました。
借りている土地の名義だった方も亡くなられて、新たに契約をすることになりました。
ずいぶん昔からから借りている土地なので、これといった契約書がなく
お互いの覚書のようなものしかない状態です。
建物は古く築35年です。建物には数店舗のテナントが入っています。
先代の契約では、更地にして返すと言った覚書はないようですが、
新たに契約する地主の方は、返すときは更地にして返して欲しいと強く言われています。
更地で帰す場合は、テナントの方の立ち退き料や取り壊し代もかかりますので、
手放したいと思っています。
ここで質問ですが、この建物を地主に買っていただくことは可能ですか?

実際に、テナントの方の経営も厳しいようで、少し家賃が遅れおり、少し変わった方です。
この状態を地主も知ってます。

評価額は600万程です。
この満額とは言いませんが、地主に買い取っていただく良い方法はありませんか?
または、転売することも可能でしょうか?
気をつけるべき点なども、教えていただけたら幸いです。

大変困っています。
お忙しい中、恐れいりますが、よろしくお願いいたします。


■アドバイス

私見ですが、
そもそもですが、旧借地法の契約を、敢えて新たに契約しなおして、
新借地借家法の契約にする必要性が有るのか疑問です。

地元の詳しい不動産業者、若しくは
行政書士・司法書士等にご相談されてみては如何でしょうか。

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/29205051

相続した借地上の建物の売却についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト