« 私道の通行の書面承諾の拒絶について | メイン | 土地売却時に発覚した埋蔵物の撤去について »

保証人の提出書類について

埼玉・女性・60代

私(東京)の妹(北海道 50歳)がアパートを借りようとしています。
私は保証会社を立てるのがいいと思っていました。
妹もそのように考えていますが、連帯保証を保証会社以外に
もう一人連帯保証人を立てなさい、と言われています。
私が連帯保証人になることはいいのですが、書類に署名捺印はします。
しかし、更に私の住民票(戸籍を含む)・印鑑証明も出せと言います。
オーナーの言いなりに提出するには、大切な身分書類を見えない相手に渡すことに、
違和感と心配があります。どのように考えればいいでしょうか。


■アドバイス

賃借人の信用度が低い場合、保証会社が、別途連帯保証人をつけないと、保証を引き受けない事は、時々有ります。

連帯保証人は、『連帯保証人引受承諾書』に署名し、実印を押印し、且つ印鑑証明書を提出して頂きます。また、身元確認の為、住民票の提出をして頂く事も有ります。

これらは、将来生じるかもしれない賃貸借契約上のトラブル、特に家賃の滞納が生じた場合に、連帯保証人に請求する為の根拠になるものです。(当社の場合は、病気・死亡等不測の事態の場合の家賃清算・残存物の引取についても明記してあります)

何故、このような書類等が必要かと言いますと、実際に滞納等のトラブルが生じた時に、連帯保証人が『迷惑をかけないから保証人になってくれと言われただけ』とか『賃借人が勝手に印鑑を持ちだして押した』とか『どこにでも売ってる印鑑を勝手に押した。』とか言って、逃げる場合が有るからです。

尚、通常これらの提出物に関し、『連帯保証人引受承諾書』には、個人情報は、連帯保証に関すること以外に使用しない事、漏洩しない事が明記されていると思います。

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/29679923

保証人の提出書類についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト