« 土地売却時に発覚した埋蔵物の撤去について | メイン | 賃貸マンションのピアノの騒音について »

書類偽装と違約金について

福岡・男性・40代

不動産購入に当たり手付けを100万支払いました
主人の所得だけでローンを組むと1300万円しか借りられず、
奥様を連名にすることにより1850万借り入れ可能になることができました
と言われました

間取りの打ち合わせ(2回)をした後売主(ハウスメーカー)が
ローンの事前審査をする際、勝手に妻がパート勤務で
去年の年収が80万あるように書類を偽装していることがわかりました

偽装を追及し、手付けの100万は返って来ましたが
この場合違約金は発生しないのでしょうか?


■アドバイス

私見ですが、ローンの紹介は、不動産売買契約とは、別のサービスとして行われていたのでは無いでしょうか。その場合、不動産売買契約書に即違反する行為となるかは疑問です。

その80万のパート代の偽装により、ご相談者に何らかの不利益が生じたのでしょうか。
法的に、有印私文書偽装と言う事になると思いますが、それによって借入額が増加し、ご相談者にとっては、ある意味メリットが生じたとも考えられます。

一方、金融機関にとっては、実際に融資が行われた場合は、明らかに過剰融資を誘発した原因となります。
もし、実損が生じた場合は、金融機関が、その営業マンや会社を相手にして、損害賠償を要求するする事は考えられます。
そして、ご相談者が、実際に返済能力以上の過剰な融資を受けた場合、その事によって返済が困難になって、損害を生じた場合は、その損害賠償を請求することも可能かも知れません。

日本の民法では、欧米の様に、懲罰的損害賠償は、認められていません。あくまでも、実損が基本です。その点をご理解された上で、交渉されては如何でしょうか。

(高原開発・涌井さん)


■相談者より

丁寧にご回答頂き有難うございました
不動産購入がこんなに苦労するなんて身にしみてわかりました
今後は慎重に行動したいと思います。
本当に有難うございました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/29905447

書類偽装と違約金についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト