« 賃貸マンションのピアノの騒音について | メイン | 購入する古民家の越境について »

井戸の埋め立てと盛土の告知義務違反について

愛知・男性・30代

お世話になります。
先日、建売住宅を購入いたしました。
購入の決め手は、唯一もらえた資料A4チラシ1枚に●社の△△使用とかかれていた為です。
ですが、虚偽記載であることが判明しました。

そのため、仲介不動産業者が責任を感じ、補償の提示を行い、
チラシを作成した売主は強気の姿勢でしたが、わずかの補償提示がされました。

判明したのは契約直前でしたが、契約解除に伴い、さまざまな費用発生が想定され、
そこまでの補償は両者できないとの回答でしたので渋々契約しました。

その後、仲介業者が法的には売主より責任が軽いと把握したらしく、
補償は一方的減額、売主の補償は変化無しという形で、準泣き寝入りとなりました。

で、前置きが長くなりましたが、近所の方の情報で駐車場に、
かつて枯れていない井戸があり、この物件の為、整地しても
井戸のところが窪んだため、盛って対応していたとの情報が寄せられました。

仲介業者はなにも聞かされてないとの返答でしたが
売主(上場企業)の担当者に尋ねると、実は・・・という形で告白されました。
井戸を埋める際にも売主の社員が立ち会ったそうです。

これは告知義務違反にあたると思いますがどうなのでしょうか?

また、再陥没に備え、何か契約を交わしたほうがよいのでしょうか?

また、前述の経緯から、
実害以外の補償要求を考えておりますが、無理な話でしょうか?

色々驚きの連続で困っております。ご助言の程、お願い申し上げます。

尚、売主は建売専門の上場会社です。私も零細個人株主です。


■アドバイス

私見ですが、
ご指摘の通り、『告知義務違反』さらには、宅建業法・消費者契約法の『重要事項の説明違反』
となる可能性が高いでしょう。

その売主業者を管轄する都道府県
http://www.pref.aichi.jp/ken-fu/takken/index.html
若しくは上場企業ですと大臣免許でしょうから、国交省の出先機関である中部地方整備局
http://www.cbr.mlit.go.jp/
の宅地建物取引業者の監督部署
http://www.cbr.mlit.go.jp/kensei/info/license/estate-agent.htm
に、直接ご相談されてみては如何でしょうか。
場合によっては、国交省
http://www.mlit.go.jp/index.html
に直接ご相談されるのも良いかも知れません。

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/30076233

井戸の埋め立てと盛土の告知義務違反についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト