« 購入する古民家の越境について | メイン | 同居解消による親の土地の買取りについて »

ペット飼育の契約違反の賠償について

愛知・女性・30代

転勤によりマンションを法人契約で賃貸する事になりました。
築2年のマンションという事もあり、動物不可で賃貸していたのですが、
賃借人が猫を飼っている事が判明しました。飼っていた期間は約6ヶ月。

こちらの不動産会社から賃借人の不動産会社に連絡をしてもらい、
賃借人が猫を飼っている事を認め、猫を実家に預けていただく事になりました。

私としては契約違反という事で、賃借人の退去時に壁紙の張替え、畳替え、
フローリングの張替え、消毒等を賃借人負担で請求したいと思っています。
ただ、あと3年ぐらいは入居されると思うので、退去時に上記の事を負担してもらう為に
今やらなくてはならない事を教えて下さい。

今考えているのは、契約違反の事実を伝え、賠償請求の内容証明を送りたいと思っています。
心配な事は、猫を飼っている事が判明した時から退去するまでに時間があるので
におい等がなくなると賠償請求をするのは難しいのでしょうか
初めての賃貸でのトラブルですので、こちらの不利にならないようにアドバイスをお願いします。


■アドバイス

私見ですが、
基本的には、今の時点で契約違反による退去を要求し、原状回復を求めるということでしょう。

猫を実家に預ける事によって、契約の存続を認め、且つ『賃借人の退去時に壁紙の張替え、畳替え、フローリングの張替え、消毒等を賃借人負担で請求したい』場合は、それなりの内容の覚書や念書を作成しておく必要が有るでしょう。

上記の点を踏まえ、
『契約違反の事実を伝え』は退去を要求する事になり、
『賠償請求』をする事は、今現在の時点で原状回復を求める。
ということになりますので、基本的には内容証明もその様になると思います。

その後の賃借人の出方によって、念書や覚書によって、特別に契約を継続するかどうかは判断していくというのが、流れになると思います。


(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/30109795

ペット飼育の契約違反の賠償についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト