« 境界違いで隣家が使っていた敷地の返還について | メイン | 事業用定期借地で出てきたガラの撤去と契約解除について »

買い取った飲食店の閉店と現状復帰について

鳥取・男性・30代

はじめまして。
知り合いである前経営者から飲食店を買い取り、
テナント大家との賃貸契約を新たに結び直し(居抜きになるのでしょうか?)、
内装などはほぼそのままですが店名も変え営業しておりましたが、
この度閉店することになり、大家にその旨を伝えたところ、
前経営者が変えた入り口のドア、ぶち抜いた壁を元に戻せと言われました。

契約時に説明も全くなかったですし、契約書を見ても、
”契約締結時の原状復帰~”と書いてあるので、私が造作した部分以外に対して
そんな義務はないじゃないか?と言っているのですが、話が通じません。

これが面倒な部分ですが不動産屋を通しての契約ではないので
話の通じない大家本人と直接やり取りせなばならずとてもストレスです。
形としては引き継いだということかも知れませんが、会社組織ではなく個人事業です。
この場合私にそこまでしないといけない義務はあるのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。


■アドバイス

事業用賃貸借契約の場合は、
基本的に契約書の内容を遵守すると言う事になるかと思います。

ところで、ご相談者が
『知り合いである前経営者から飲食店を買い取り』
と言われているのは、恐らく前経営者の行った造作や営業権のことでしょう。
そうすると、『前経営者が変えた入り口のドア、ぶち抜いた壁』を含めて、
その所有者はご相談者という事になると思いますが、如何でしょうか?

契約書に造作買取請求権の放棄と、原状回復義務が明記されている場合は、
大家さんの言い分が強い気が致します。

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/30620577

買い取った飲食店の閉店と現状復帰についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト