« 医院から居住部屋への原状復帰について | メイン | 上水道の引き込みと役所の対応について »

傾いている借家の違法性について

愛知・女性・30代

傾いている家について。
戸建てを借りて3年経ちます。借りた当時から家全体が傾いていて
部屋にいるだけでも落ち着かず気持ち悪くなり全く寛げませんでした。
ボールも転がってしまいますし、カーテンも、のれんも、斜めに垂れてしまいます。
物もすぐに転がってしまいます。

何も動けなかった理由は、入居前費用も100万はかかり、
保証人や引っ越しの労力、また新たに物件を探す労力と適当な物件が見つからない、
高齢の両親が引越しを面倒と考え拒んでいたので、
どうしたらいいのか分からず我慢していました。

最近さらに傾きが酷くなり立って歩いているだけでも、どうにかなりそうです。
私としてはこんなに傾いた物件で
11万円の家賃の価値は無いと思うし、違法性はないのでしょうか?
内覧をしたときに傾きを見抜けなかったかので仕方がないのか?葛藤してしょうがありません。

こういう酷い家を借りてしまった時、どう動いていいのか
どういう主張が出来る権利があるのかアドバイスが欲しいです。

やはり立場が低いので出ていくのにも
全ての費用とかも自分で負担しないといけないのでしょうか?
また賃貸を探すとなると高額なお金が必要になるので苦しいのが現実です。


■アドバイス

私見ですが、
一概に言えない内容のご相談かと思いますので、
愛知県建設部建設業不動産業課にご相談される事をお薦め致します。
http://www.pref.aichi.jp/ken-fu/takken/syouhi.html

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/30813083

傾いている借家の違法性についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト