« 事業用定期借地で出てきたガラの撤去と契約解除について | メイン | 傾いている借家の違法性について »

医院から居住部屋への原状復帰について

千葉・女性・30代

原状回復の範囲について
アパートの1室を接骨院として建設時より医院仕様で内装してもらいました。
この度院長が脳梗塞で倒れ閉院することになりましたが、
契約書には原状復帰(マンション仕様)する様記載されているだけです。

今日不動産屋が業者をつれてみつもりにきましたが、
同じ階にある最近改修した居住用賃貸物件と全く同じ間取りにし、
キッチンの位置や玄関の位置までかえ、天井、床すべて新築同様にするようです。

ここまで借主負担でやる必要があるのでしょうか?
収入はなくなるし、入院費はかかるので1円でも多く保証金を返してもらいたいのですが・・・

またここまでしなくてもよい場合どの程度にしたらよいのでしょうか?
そしてどのように交渉したらよいのか?
アドバイス頂きたくよろしくお願いいたします。


■アドバイス

契約書が事業用賃貸借契約で有る場合は、民法よりも商法が優先されると思います。
その場合は、契約書の内容を遵守するという事になろうかと思います。

原状復帰(マンション仕様)と記載されてると言う事は、院長さんは借りる時に、
マンション仕様に戻す事を承諾していた可能性もございます。

その点を良くご確認される事をお薦め致します。

(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/30752643

医院から居住部屋への原状復帰についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト