« 上水道の引き込みと役所の対応について | メイン | 売主の自己破産と購入について »

福祉法人に変更する借主との契約交渉について

愛知・女性・40代

近年相続した物件に、宗教法人で幼児園をされている借主さんがおり、
社会福祉法人に変更するため、契約のまき直しとともに家賃減額と
契約期間変更(2年を10年)等の交渉が管理委託会社からありました。

・借主が宗教法人から社会福祉法人になる事
・家賃減額と契約期間10年
・用途の変更

等について了承し進めきましたが、
説明不足や知らされていなかった事柄が判明し、
このまま契約のまき直しに応じる気にはなれません。

契約のまき直しに応じないまたは
まき直す契約内容を変更する事は可能なのでしょうか?

相続したばかりで困っています。
よろしくお願いいたします。
ご教示頂けるよう宜しくお願い致します。


■アドバイス

『説明不足や知らされていなかった事柄が判明し、
このまま契約のまき直しに応じる気にはなれません』
という、その内容を、
良く管理会社と話し合って、お互いに納得することが大事だと思います。
交渉は、あくまで交渉です。
応じる応じないは、ご相談者ご本人が納得して決める事だと思います。

『・借主が宗教法人から社会福祉法人になる事
・家賃減額と契約期間10年
・用途の変更』
の3点については、契約書の内容にもよりますが、
・賃料減額(不当に高い場合は裁判で負ける可能性も有ります。
明確な根拠なく減額に応ずる必要は有りません)
・契約期間の変更(事業用定期借家もしくは借地契約は除く)
・用途の変更(公的許認可の必要な場合は、
 逆に大家が承諾書等に署名押印しないと許可が出ない業種も多い)
のどれも、基本的には、応じなくとも、良いものかと思います。
どれも、契約当事者双方の合意によってのみ変更可能かと思います。
(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/31106093

福祉法人に変更する借主との契約交渉についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト