« ハウスメーカーへの違約金の支払いについて | メイン | 相続した土地の境界の再確定について »

親のマンションの名義変更とローン支払いによる所有権について

東京・女性・20代
父名義のマンションに叔母家族が10年ほど住んでいました。
住宅ローンは叔母側が払っていましたが、固定資産税は父が払っていました。
去年父が亡くなり約1千万円ほどの残が団信により弁済。
そのマンションの名義を私に変更したのですが、叔母は自分の所有だといって譲りません。
父から名義を借りただけだと主張し、登記名義の変更を求めています。
叔母の主張は正しいのでしょうか?

---------------
アドバイス
---------------
法的にどちらに権利が有るとは一言では言えないでしょう。
ただ、手続き上は、ご相談者側(お母さんとご相談者の御兄弟)
が相続で所有権移転することしか出来ません。
名義借りした叔母さん側は、他の相続人が全て相続放棄するか、
お父様と生前に売買契約書等を締結してあり、
且つ相続人たるご相談者側が承諾しなければ、
手続き上は基本的に所有権移転することは不可能に近いですね。
ご相談者側が承諾したとしても、保険の1000万による残債分の問題が残りますよね。
この保険料は、お父様が支払った形になっているのでしょうから、
少なくとも1000万円分の共有権はご相談者側に有る気がします。
その場合で有っても、手続き上、一旦ご相談者側が相続で所有権移転したものを、
更に叔母様側を共有名義に入れる時には、税務的には売買もしくは贈与
という形になるでしょうから、それなりのの税金を支払うことになるのでしょうね。
特に贈与の場合は叔母様側の税金は大きいでしょう。
恐らく、叔母側が1000万円+αの金銭をご相談者に支払う等、
話し合いで解決しない場合は、司法の手に委ねることになるケースになる
のではないかという気が致しますし、また、そうしないと叔母様側は所有権移転
どころか共有者にもなれませんし、税金も大きくなるでしょう。
真正な所有者が誰かという法的な判断は別にして、冷静に話し合えれば、
ご相談者側は手続き上の相続による所有権移転登記を行った上で、
かなり有利に交渉出来るのでは無いでしょうか。
(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/31849151

親のマンションの名義変更とローン支払いによる所有権についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト