« 相続した土地の境界の再確定について | メイン | 義父の借地と空き家について »

実家のローンの返済と借り換えについて

地域・年代=福島・女性・40代

この度コンタクトを取らせていただきましたのは、
銀行と住宅金融公庫2本だてで実家のローン返済をしておりますが、
実は債務を1/2負っています当方が結婚して別姓となり、
夫とともに別な家で暮らしております。
よって今ローンの返済をしておりますのは実家の妹とその夫(義弟)です。
母は80歳で支払い能力はありません。
実家の名義は母親と当方半分ずつになっております。
妹夫婦がだんだん支払いもキツいので借り換えをしたいと相談の電話を受けましたが、
ローンの債務が当方にあることと今現在その家に住んでいないということは、
借り換えどころか住宅金融公庫からペナルティを課せられる、
またはすぐに完済するようにと言われるでしょうか?
(借り入れしている銀行では、こういった状況をすでに知っているようです...
母が話してしまったのかも?)
こういう場合は義弟と当方との売買契約しか方法はないのでしょうか。
また、こういったケースを相談できるところはありませんか?
何かアドバイスを頂きたく宜しくお願いいたします。

--------------------
アドバイス
--------------------
御推察の通り、通常はローンの残債分の金額で売買契約をやって、
妹夫婦が新規ローンを返済していくと言うことになるのでしょう。
問題は、親族間売買の場合は路線価以下だと、税務署が贈与とみなす場合が有る点です。
ローンの残債が路線価以上だと問題は有りませんが、
路線価以下だと借入総額が増えてしまう可能性も有ります。
ただ、母親が半分名義をもっているみたいなので、路線価も1/2で有れば、
ローンの残債よりは低い可能性が高いですね。
もう一つの手法は、感づいているだろう銀行が納得すればってことになりますが、
事情を良く説明して、ご相談者名義のまま、ローンの繰り延べを交渉することです。
つまり、ローンや所有権名義・残債や金利はそのままに、返済期間を延ばすことによって、
結果として月々返済を減らす交渉です。金融公庫分は難しいかも知れませんが、
銀行は可能性が有ります。
最後の禁手は、詳しく書きませんが、ヒントは返済ストップ、親族による第三者競落です。
後の具体的手法・メリット・デメリットはご推察願います。
この手法は一歩間違えると大けがをしますが、上手く行くと大きなメリットも有ります。
でも重ねて言いますがお薦めは出来ません。特に妹夫婦が現金を用意出来るか、
または住宅ローンを組めるかどうか(かなり難しい)が大きな分かれ道です。
(高原開発・涌井さん)

追加です。
最後の禁手ですが、競売を妹夫婦が落札する場合は、第三者とはなりませんので、
正確に言いますと第三者では無く、親族による落札になります。
現金を用意出来れば、問題は有りませんし、実際に行われていますが、
親族が競売を落札する為に住宅ローンを新規に組のは、かなり難しくなります。
手っ取り早く、どなたか身内にお金をかしてくれる方がいれば、
残債金額にもよりますが、かなり楽になることも有ります。 
(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/31877929

実家のローンの返済と借り換えについてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト