« 義父の借地と空き家について | メイン | 水道管破裂による水漏れの補償について »

越境しているブロック塀について

栃木・女性・20代
4年前に中古住宅を購入しました。
数日前、市道を挟ん田んぼに家を建てるという方が来て、境界線の立ち合いをしました。
すると、<我が家のブロック塀が境界線を越えている>ということがわかりました。

そこではみ出しているところの土地の持ち主Aさんがきて、測量の方に頼んで
後日、きちんと測ってもらうという話になりました。
測量のためのお金はAさんが持つそうです。
気になったのは、はみだしたブロック塀を取り壊すという話になったとき、
その解体料は我が家のほうで持たなくてはならないのでしょうか?

Aさんのはなしでは、
前に住んでいた方が勝手に立ててしまい、抗議したものの受け入れてもらえず、
その後、その方は失踪し、亡くなられたとのことでした。
また、その当時売りに出されたときの不動産会社にブロック塀のことを言ったところ、
ケンカ腰の対応をされ、話し合いにならなかったそうです。
(その不動産会社は、私たちともリフォームのことでトラブルがありました。
リフォームの契約をする前に工事に入ってしまったんです)

そんなことも知らず、また境界線は「大丈夫」と言われて購入した私たちですが、
現在住んでいるのは私たちなのでお金を払い、対応しなければならないのでしょうか?
アドバイスいただけると嬉しいです。

-------------------
アドバイス
-------------------
ブロック塀が境界線を越境していることを知らされずに4年前に購入されたとのことですが、
このような場合、時効取得の問題が発生してきます。

前所有者が16年以上ブロック塀を越境占有し、相談者が4年越境して占有した場合は
時効取得が成立し、越境して占有していた部分は相談者のものになるという制度です。

しかし、この場合は相手方にその旨を主張する必要がありますので、
争いになる可能性があります。

時効取得の権利を放棄する替わりにブロック塀の撤去費用を先方に
負担してもらうように交渉し、穏便に解決することも一つの方法かと思います。
(ヤマダエステート株式会社・山田高志さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/31937383

越境しているブロック塀についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト