« 土留めの撤去と舗装の申し出について | メイン | 境界にある市の石垣の撤去について »

借地での井戸枯れによる建物買取請求について

群馬・女性・40代
祖父の代から借地に家を建て住んでいます。
井戸水で生活用水すべてをまかなっていましたが、井戸枯れにより水が出なくなりました。
生活できないので、借地を返還するこの場合は、
契約の途中でもやむをえない事由で解約ということで、建物買取請求はできますか?

また上水道引き込み工事をする場合は、
工事代はこちら負担でも加入金は地主様に請求できますか?
どちらもこちらで負担の場合 解約時に造作物買取請求できますか?
それとも水道管も原状回復しないとならないのでしょうか?


▼アドバイス
最初に法的な判断が必要ですから、あくまでも私見であることをお断り申し上げます。
建物買取請求は、借地上の建物の所有者である借地権者が、借地たる宅地の所有者である
借地権設定者に対し、借地上の建物等の買い取りを請求することです。
ご相談のケースが、地代等の要件を満たし、地上権もしくは賃借権があることを前提とします。

この建物買取請求の期間や原因についての明確な規定は無いのですが、
一般的には土地の賃貸借契約が終了した時と解しています(借地借家法第13条)。
そうしますと、契約期間が満了した場合、もしくは解約がなされた場合に、
建物買取請求が出来るということになるでしょう。
ご相談者が借地契約の解約を申し出た場合に、借地契約は解除される訳ですから、
建物買取請求は可能かと、個人的には思いますが、
一般的には地主側からの解除の場合を想定している気も致しますので、
合意解約ではない借主側からの解除でも建物買取請求が認められるかは、
定かでは御座いません。
(借主側の更新拒絶による契約終了で買取請求権が認められなかった判例が有ります)
水道引込については、賃貸人の承諾が必要です。
賃貸人が合意した場合は、賃貸借契約の時期(平成3年10月以前)か、
それ以降なら契約書に造作買い取り請求権の放棄を明記してない場合は、
買取請求も可能だと思います。
加入金の請求が可能かどうかは、賃貸人との交渉次第ということになるかと思います。
何れに致しまして、かなり法的な判断が必要となるでしょうから、弁護士等の専門家か、
行政等の行っている無料法律相談等で、ご相談されることをお薦め致します。
(高原開発・涌井さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/32004567

借地での井戸枯れによる建物買取請求についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト