« 強引な仲介業者と中古住宅購入について | メイン | お隣の配水管と境界ブロックについて »

自宅の売却と購入解除について

神奈川・女性・60代
金額を指定してこれなら買うという契約書を出しました。
見に行って1週間もたたないでその金額で売主さんが承知をしたと連絡が来ました。
しかし自宅を売却できるかどうかは、全く不明で売れなければ支払えません、
やはり今の住まいを売ってから買うものを決めたほうが
堅実だという気持ちが強くなり、解除したいと考えています。
まだ手付金等は一切払っておりませんが、違約金が必要になりますか?
考えが甘かったと反省しています


もう解決されていることと思いますが、今後の為回答します。
ご質問にある「契約書」とは
「買付証明書」等の名称で呼ばれている1枚の紙ではないでしょうか。
これに対し、売主が「売渡承諾書」等の書類を交換し、
この時点で物件を押さえるのが一般的です。
ただ、これらの交換は「契約」ではありませんから、申込金を預けたとしても
実際に契約にならなかった場合は申込金を返金してもらうことが可能です。
もちろん、あやしい売主、不動産会社に申込金を預けることは危険ですから、
行わない方がいいですが。
また、これは「契約」ではありませんから、違約金や損害賠償は通常発生しません。
不動産の契約で手付金なしというのは考えづらいので、以上のように推察します。

なお、現在お持ちの不動産を売却し、新しく購入する場合、
買換え特約というものを特約条項として入れることが一般的です。
これは期限までに現在所有している不動産の売却契約が結べなかった場合、
買う方の契約も白紙解約できるというもので、この場合は手付金は返ってきます。
ただし、これは売主にとっては嬉しくない特約ですから、
交渉しだいということになるでしょう。ご参考になさって下さい。
(ディアレストコーポレーション 立川さん)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/32094103

自宅の売却と購入解除についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト