土地購入後の、追加購入について

埼玉・女性・40代
はじめまして、土地購入の追加購入を検討している素人です。お手数おかけいたしますがよろしくお願いします。

まず現状をお話します。
昨年土地を購入しました。縦にながい80坪ほどの土地を分筆してもらい、前面の公道(4m)に面した方を購入しました。(私共の土地をAとします)

後ろの土地は私共の購入した土地の南側に幅2mの道路分を後ろ部分まで確保した旗竿地です。(この旗竿地をBとしますが、この後の説明上Aの真後ろの実際の宅地部分をB①、Cさんのお宅に通じる道路部分をB②とします)

そしてこの約80坪の土地の後ろには更にもう1件、昔から済んでいるお家があります。このお宅の私道は公道との接地面が2m未満だったようで今回の販売に際し、一番に売主の不動産屋さんに50cm×公道への長さ分の買取を申し出たそうです。(Cさんとします)

そして、Cさんの購入分の道路(50cm×Cさん宅までの長さ)とB②の道路、合わせて幅約2.5m×公道までを協定道路とした方が使いやすいと不動産屋さんに言われ、協定書には私共とCさんのサインを既にしてあります。
ちなみにCさんがもともと持っている幅2m未満×公道までの土地はこの協定道路には含まれていませんでした。

※ウチは公道側に駐車場も門も作る予定なのでこの協定道路にはあまり乗り入れることは無いと思ったのですが、ちょっとでも乗り入れる可能性がある場合サインしておいた方が後々いいと言われ、そうしました。
(ウチには全くデメリットが無い話だと思いますので・・)

教えていただきたいことはつです。

《1》昨年は金銭の都合上分筆してもらい前の土地だけを購入したのですが、今になって両親から少し貸してもらえそうなので、もしも後ろの土地の値段が落ちてきたら追加で購入できたら・・と考えるようになりました。

我が家の土地は公道に接しているため実際の購入は土地B①だけでもいいのですが、土地の売買条件はもちろんB②も含まれていますのでかなり割高だと感じます。
土地B②も実際に家を建てられる土地に組み込めるならまぁまだ考えようはあるのですが・・。

この協定道路部分はCさんの了解さえ得られれば通常の土地として組み入れることは可能でしょうか?
(Cさんの接道2m以上は確保されていますので)


《2》上記をクリアできて購入する場合の話です。

・分筆が済んでいるので住所もAとBでは地番が分かれてしまっています。
・B用にB②の道路の下には水道管の工事も済んでいます。
・AとBの土地の境目には2段のブロックが積んであります。
・B②とCさんの道路はもうコンクリできれいになっています。

もしもウチが全て宅地として購入するとしたらどこまで不動産屋さんは1件用の宅地の状態まで戻して売ってくれるものでしょうか?
また戻す必要の無いものもあるかと思うのですが(住所や水道?)そちらについても手続き上注意などがありましたら教えて下さい。

《3》昨年Aの土地購入時には仲介の不動産屋さんを通じてこの土地を購入したのですが、今回は直接売主の不動産屋さんにコンタクトを取ろうかなと思うのですが、交渉ごとがいろいろありそうなので以前にお世話になった仲介不動産やさんにお願いしたほうがいいか、悩んでいます。
土地購入に至った場合、手数料等は違ってくるのでしょうか?

本当に素人で何も分からずすみません。
何かお気づきの点などもありましたら教えていただけたら助かります。
よろしくお願いいたします。


アドバイス:
地目が同じ(宅地等)で有れば、再度、合筆して、全ての土地を一筆にすれば、
それ程面倒も無いでしょう。
値段や解体工事については、売主業者に、直接交渉してみては如何でしょうか。
交渉は、当然それなりに手間がかかるでしょう。
仲介手数料分を安くしたければ、それなりにご自身が、交渉する必要があります。
(高原開発・涌井さん)


相談者より:

涌井さま
ご回答ありがとうございました。
合筆という言葉すら知りませんでしたのでとても勉強になりました!

B部分はB①とB②も分筆されているためAと合わせると「三筆」ということになるようで、
やはり合筆したほうがすっきりしていいですね!

AとB①という二筆にまたがった土地に
1軒の家を建てられるのかどうかも分かりませんし・・。
ただB②に関しては協定道路(位置指定道路では無い方の)なので、
分筆したままの方が固定資産税が安いんじゃないかと素人考えで思ってしまったのですが、
位置指定道路ではない協定道路の場合、固定資産税は宅地と同じでしょうか?


アドバイス:
私道の固定資産税については、市町村が決めることになります。
登記地目というよりも、課税地目がどうなるかによって、変わります。
これは、市町村の税務課と交渉すべき問題となります。
つまり、ケースバイケース・市町村によって違うということになります。

尚、『AとB①という二筆にまたがった土地に1軒の家を建てられるのかどうか
も分かりませんし・・』については、土地所有者が同一の場合や同意が得られ
相当の手続きが取れれば、問題なく建物は建てられます。
合筆するかどうかは、正に『やはり合筆したほうがすっきりしていいですね!』
ってことかと思います。
(高原開発・涌井さん)


相談者より:
涌井さま
詳しいご説明ありがとうございました♪
素人の私でもよく理解できました♪
これから該当の土地(まだ売れていません)の価格の動きに注目して、
時期がきたら不動産屋さんにお話に行ってみようと思います!
また何かありましたらよろしくお願いします☆

登記簿と違う境界の土地の購入について

東京・男性・30代
現在ある土地の購入を考えているのですが下記の様な状態です。
(購入する土地の地主さんA、隣地の地主さんBとします)

1.昔隣同士の地主さんで話をして登記簿と違うが
  境界を直線的に分けて擁壁を作ってあります。
  但し、その登記簿との違いは面積が同じになるようにしてあります。

2.Bさんは土地を担保に入れている。
  Bさんの奥さんが連帯保証人であるが痴呆症である。
  その相続人である息子さんCはいる。

このような状況で土地を購入しようとしていますが、現況に合わせて
名義人を変更してもらえるようAさんからCさんに働きかけてもらっていますが、
なかなかCさんの動きがよくないようです。

質問は
Q1:このような状況ですとCさんの手続きは大変(複雑)なのでしょうか?
   裁判所に何回か通わないといけないともききました。

Q2:そもそも担保に入っている状態で土地の等価交換はできるのでしょうか?

Q3:この等価交換ができていない状態で購入する場合どのようなリスクがあり、
   どのようにしてリスクを回避しておくべきでしょうか?例えばリスクとしては、
   Bさんが担保として銀行に取られた後、擁壁の位置変更を迫られるなどです。

Q4:Q3の場合、Cさんと等価交換しますという覚書を交わしても
   Q3のリスク例の場合リスク回避の効果はないでしょうか?

色々と質問をしてすみませんが回答よろしくお願いします。


-----------------
アドバイス :1
------------------
Bさんの事が書いて無いので、ご相談内容が正確に解かりませんが、一応お答え致します。

1、Bさんが健常者であれば、権利者はBさんですから、それ程難しいはずは無いと思います。

2、銀行等抵当権者の同意が有れば難しくは無いと思います。

3、4、ご相談のケースで、位置変更を迫られる例は少ないと思います。

私見ですが、等価交換による所有権移転が難しい様でしたら、
それぞれの土地の使用貸借契約を締結しておいたら如何でしょうか。
(高原開発・涌井さん)

------------------
相談者より:
-------------------
ご回答ありがとうございます。質問者です。

土地の使用貸借契約は土地が担保に入っている状態でも有効なのでしょうか?
(結べるのでしょうか?)
恐らく、すべては銀行等抵当権者の合意によって該当する土地部分の担保解除がないと
進まないかと考えておりますが、これは正しい認識なのでしょうか?

------------------
アドバイス :2
------------------
使用貸借契約でも、賃貸借契約でも可能です。
但し、抵当権者が、差し押さえ等を行使した場合は、そちらが優先順位となります。

ただ、私の経験上、でこぼこした境界を、綺麗に真っ直ぐにした場合、抵当権者も、
当然まっすぐの方が処分しやすい訳ですから、使用貸借契約をしておくと、
交換の話にものってくれる事が多くなります。

ところで、Bさんとは直接話せないのですか?
痴呆症というのは、Bさんの妻では無く、Bさん本人の事なのですか?
その場合、意思表示が全く不可能な状態なのですか?

だとしたら、Cさんは交換の相手としての正式な権利者では、有りません。

まず、司法書士等にCさん、Bさんの妻が相談して、
どなたか成年後見人を決める必要が有ります。
その成年後見人と交渉する必要が有ります。勿論、抵当権者の承諾も必要です。

何れに致しましても、Cさんと相談して、司法書士等にご相談される事をお薦め致します。

(高原開発・涌井さん)

------------------
相談者より:
-------------------
お返事ありがとうございます。
使用貸借契約を結んでおくメリットは、現状の入り組んでいる部分を
それぞれ無償で借りるという契約を結んでおくことで、
そのようにして使われてきている事実から抵当権者が今までの使われ方に合意しやすい
という理解でよろしいのでしょうか?

Bさんは健常者ですが、高齢のため実際は息子さんのCさんが管理しているようです。
Cさんと話をしたところ、後見人になると管理が大変になるため
Bさんの奥さんが亡くなるタイミングで名義を替えたいとのことでした。
管理だけの問題ではなく自営業のため後見人になることで色々と不都合が生じるような雰囲気でした。
そのタイミングで交換することを書面で残すことは問題ないということでしたが、
貸借契約を結ぶこと以外もうやる手はないのでしょうか?(やっておくべきことはないのでしょうか?)

------------------
アドバイス :3
------------------
その通りです。
ご相談者とBさんの間の約束を文書化しておくと言う事です。

それと、BさんCさんの連名と、ご相談者の間で、『Bさんの奥さんが亡くなるタイミングで
名義を替える』という内容の覚書を交わしておくことをお薦め致します。

口頭での約束では無く、文書化しておくことが大事かと思います。

尚、Bさんが健常者であり、意思表示(司法書士等の問いかけに対し、明確にうなずける等)
が可能であれば、今でも所有権移転は可能かとも思います。

(高原開発・涌井さん)

------------------
相談者より:
-------------------
立て続けですみません。
一点やはり腑に落ちないところがあります。
Cさんと話した内容は前述になりますが、
土地の入れ替えにBさんの奥さん(連帯保証人)の承認が必要なのでしょうか?
またBさんの奥さんがなくなると手続きができるようになるというのは何が変わるのでしょうか?
是非この点を教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

------------------
アドバイス :4
------------------
交換するのに、連帯保証人の承諾は必要ないでしょう。
ただ、Cさんの立場上、承諾を得ておきたいと言う気持ちは有るかも知れません。

あくまでも、銀行等抵当権者とBさん、ご相談者が承諾すれば可能です。
繰り返しになりますが、Bさんが意思表示出来るので有れば、手が不自由で有っても、
捺印は司法書士等が本人確認(写真付の身分を証明するもの)と
本人の意思確認して代理で押せば良いと思います。この時に、司法書士等が質問することに、
明確にBさんが意思表示出来ることが必要かと思います。

逆に、今現在はCさんとBさんの奥さんには、交換に関しては何の権限も御座いません。
然し、Bさんの意思確認をとるには、CさんとBさんの奥さんのご協力が必要になるということかと推察致します。

(高原開発・涌井さん)

------------------
相談者より:
-------------------
何度も回答ありがとうございます。
再確認および追加の質問になるのですが、ご意見頂けないでしょうか?
銀行側(農協)が担保の土地を変更するのに連帯保証人の承認を求めているようなのですが、
銀行側に連帯保証人は不要なのでは?という主張をできるということでよろしいのでしょうか?
もしくはそのようなことを求めてくるはずがないということでしょうか?
どちらにしてもこの点含め再度交渉してもらうようお願いするつもりではありますが。

また、名義の入れ替えができないで、覚書をもらった状態で土地を手放さないといけない場合、
やはり売れない可能性が高い土地となってしまうのでしょうか?

何度も申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

(4日後)

アドバイス頂けて非常に助かっております。
また立て続けに質問ばかりして大変申し訳ございません。
少し進捗がありましたので、前回の質問と合わせて意見頂けないでしょうか?

今度直接金融機関に出向き、連帯保証人の承認なしに、
担保地の該当部分の所有権移転をできないか相談しようかと思っていますが、
それでも保証人の承認を求められた場合、何かうまく交渉する方法はありますでしょうか?
話の進め方や金融機関側に協力頂くためのアドバイスありましたらお願いできないでしょうか?
本当に何度も恐縮です。よろしくお願いします。

------------------
アドバイス :5
------------------
個人的な意見としては、銀行が連帯保証人の承諾を求める必要は無いと思います。
ただ、金融機関の担当者の判断や、金融機関の内規によって、
連帯保証人の承諾を求める事も、あるかも知れません。
法的には、連帯保証人の承諾無しに可能な訳ですし、
金融機関にとっても悪い話では無いので、説得してみては如何でしょうか。
あくまでも、通常の感覚として、境界は、現況と一致した方が望ましいですし、
何よりも真っ直ぐ直線になるのですから、承諾しない理由を探す方が難しいと思います。
とりあえずは、直接交渉してみるべきだと思います。

(高原開発・涌井さん)

------------------
相談者より:
-------------------
いつも回答ありがとうございます。
先日金融機関と直接相談したところ、抵当権の手続きに
連帯保証人のサインが必要となっており、抵当権を外すにも同意が必要という返答で、
連帯保証人のサインなしには話は進められないといわれました。
よって後見人をつけてもらうしかないそうです。
すぐに売買をする場合は、覚書と貸借契約を結ぶしかなさそうですね。
この場合両方(覚書:おばあさんが亡くなったら所有者移転をするという内容、と貸借契約)
を結んでおいたほうが良いのでしょうか?
この様な状態で私が売買する場合やはり売りにくい状況になるのでしょうか?
本当に何度もアドバイス助かります。よろしくお願いします。


0円の土地売買契約諸について

男性・60代

市街地より12キロ以上山に入った山村に住んでいます。
部落の住人は老人ばかりの限界集落です。
お隣もお隣もみな空き家ばかりです。

その中の1軒が屋根が落ちたいへん見苦しい状況になっているので
私が買い取って綺麗にしょうと考えています。
土地の価値より家屋の解体費用のほうが大きいのですが
あまりに部落の中心で見ぐるしいので敢て決断しました。

ところが遠くにいる持ち主が生活保護を受けているので、
絶対に収入にならない契約書を作ってくれといわれました。
実際解体費用が掛りお支払いはしません。

司法書士に相談しましたら土地代0円の契約書はできないといわれました。
どうしたらよいか困っています。
何故0円の土地売買契約書が無効なのでしょうか
なぜ所有権移転登記ができないのでしょうかおしえてください。


◆アドバイス

私見ですが、建物を解体するには、解体費がかかるでしょう。
その解体費を50万円と仮定しますと、
不動産売買契約書(土地のみ)は50万で作成し、その不動産を売る為の必要経費
として、50万円の解体費を売主が負担するという形にしたら、良いと思います。

また、0円では売買では無く、贈与とみなされるでしょう。
そうするとご相談者は、相当の贈与税を支払うひことになるかと思います。
ただ、これも年間基礎控除額110万円以内であればかかりませんので、
時価額が低い山村であれば、ひょっとしたら110万円以内となる可能性も御座いますので、
その場合は贈与で処理するのも有りかと思います。

(高原開発・涌井さん)

不動産取得税について

千葉・男性・40代

すみませんが教えてください。

土地付きの建物を購入しました。
交渉方法として、建物、土地、諸費用全て込みの金額で交渉しました。
引き渡し日に全て払ったものだと思っていたのですが、
3ヶ月後に不動産取得税の支払いが来ました。
不動産取得税が見積りに含まれていなく、不動産業者が言うには、
一般的に見積りに不動産取得税は載せないとのことでした。
このことが一般的なのか、教えて頂けないでしょうか?
私どもとしましては、購入3カ月後、急に発生した費用に思えてなりません。


■アドバイス

私見ですが、
不動産取得税については、売買価格や取得経費に、直接含まれるものでは有りません。
当然、契約書や重説に明記する必要も御座いません。

但し、購入者の希望や、業者としての親切心から、サービスや営業活動の一環として、
あくまでも概算で有る事を前提に計算して、説明する事は良く有ります。
然し、見積もりとかには、やはり入れません。
あくまでも、物件購入の為の検討資料として、作成し、提示するに留まります。

でも、そうは言っても、やはり、その業者は不親切だったという事になるでしょうね。

どうしても、ご納得いただけない場合は、やはり弁護士にご相談されるしかないと思います。

(高原開発・涌井さん)


■相談者より

涌井様。大変貴重なコメントありがとうございました。
気持ちの問題だと思いましたので、
不動産業者の今後の対応等様子を見ながら、
今後どうするか考えたいと思います。
ありがとうございました。

所有者不明の隣地と境界について

所有者不明の隣地と境界について
静岡・男性・50代

このたびはお世話になります。
京都にて非常に気に入った中古物件を見つけました。
不動産仲介物件です。

まず電話にて、物件の様子をお聞きしたところ、現金でしか売れない物件とのこと。

理由は、隣地境界の問題とのことで、実は隣地の所有者が不明につき、
銀行ではローンを組むことが出来ない、したがってキャッシュで、とのことでした。
現オーナーの方もキャッシュで購入されたそうです。
お金を貸す側としては、不動産の大きさを保証するものがないため
お金を貸すことが出来ない、というのは分かる気がします。

さらに業者の方からお伺いした情報としては、
① 市役所図面(地図?)でも隣地所有者を特定できない。
② 当方にて(買い手)にて測量をして隣地確定を試みることはできるが、
  それで確定する保証はない。
とのこと。

このような物件を購入しても、将来的に売却することも考えますと、
今の状態での購入はしたくありません。
非常に気に入った物件なので、もし合法的によい方法があれば、
多少の費用はかかっても、隣地境界を明確にした上で購入したく考えております。

ネットを検索してみましたが、隣地境界問題については、
あくまで所有者があってのケースであり、
所有者不明という案件を見つけることが出来ませんでした。

ご教示賜りますよう、よろしくお願いいたします。


■アドバイス

私見ですが、
前所有者がその物件を20年以上所有していた場合、時効取得を主張して、
隣地所有者不在のまま裁判にて確定して頂いてから購入しては、如何でしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%96%E5%BE%97%E6%99%82%E5%8A%B9

また、取り敢えず、
② 当方にて(買い手)にて測量をして隣地確定を試みることはできるが、
   それで確定する保証はない。

を行って頂いて、20年後にご相談者が同様に時効取得を裁判にて確定するというのも、
ご検討されては如何でしょうか。

更に、境界が段差になっていたり擁壁が有ったりして明確な場合は、
土地家屋調査士の保証によって、確定出来る場合もあるかと思います。

(高原開発・涌井さん)


■相談者より

ありがとうございます。
業者の方と会って、詳細な現地情報と物件の素性や経歴、
そして役所、調査士と相談しながら情報収集してまいります。
京都の土地家屋検査士協会の相談もあるようですし。
幸いにも現地近郊には身内のものが住んでおりますので、
そこを拠点に週末ごとに足で情報を稼いで行きます。

当然ですが、他人の苦労を背負ってまで家を買うつもりはありませんし、
負の遺産を家族に残したくはありませんので、
きちっと責任ある調査をして、冷静に合否を判定してまいろうと思います。

分譲地の権利が無い温泉について

分譲地の権利が無い温泉について
大分・男性・40代

温泉付土地と言う分譲土地を購入したんですが
実は温泉の権利がありませんでした・・・
登記簿をとってポンプ地の一部の登記というのが分かりました(原水とは関係ない)。
しかも、建物はたっていませんが年間75,000という管理費を支払っていますが・・・

どこに相談すればいいでしょうか?


■アドバイス

大分県の不動産業者を管理している建築住宅課
http://www.pref.oita.jp/18500/takkennindex.html

にご相談される事をお薦め致します。
併せて、その業者が所属する不動産団体にも
ご相談される事をお薦め致します。

http://www.fudousan.or.jp/association/index.html

(高原開発・涌井さん)

諸経費の計算ミスについて

諸経費の計算ミスについて
大阪・女性・40代

母が新築マンションを購入予定。
年齢的にローンが難しいので、支払は母がしますが、
主人名義でローンを組み、契約進行中。
現段階で、売買契約を交わし、ローン審査中です。
主人は、2008年、私どもの自宅をローンで購入しているので、
今回は親族入居のセカンドハウスとしての契約です。

マンション(昨年に完成済み)を見に行った時に、
「今の借家の家賃と同じぐらいで購入できるのであれば・・・」っと話したところ、
この物件なら・・・っと購入をすすめられました。
その後①セカンドハウス②親族入居でもローン可能な銀行を紹介してもらいました。

売買契約を交わす前に聞いていた登記費用がセカンドハウス用に計算されておらず、
諸経費が15万円ほどあがると本日、連絡がありました。
不動産業者のミスですが、全額支払わないといけないのでしょうか?
登記費用を割り引いてもらえないのは承知しておりますが、
電話で済まそうとする対応にもがっかりしております。
他で割り引いてもらったり、不動産業者が一部負担するということはできますか?


■アドバイス

私見ですが、恐らく、登録免許税の住宅の軽減税率のミスによるものかと思います。

登録免許税の納付義務者は、あくまでもご相談者になります。
これは売買契約書にも「所有権移転登記費用は買主負担とする」
等と明記されているとも思います。

ですから、支払わないと所有権移転登記も行われず、
場合によっては契約違反とも成り得る点も心配されます。

業者の説明ミスを責めるのは、当然可能なのですが、
不動産売買契約とは別次元の問題かとも思いますので、
その点にご留意されて、業者と値引き交渉等されたら如何でしょうか。

(高原開発・涌井さん)


■相談者より

涌井様、丁寧なご回答ありがとうございました。
やはり、こちらが全額負担で契約をすすめました。
母親が かなり 物件を気に入り、
契約無効になるのは避けたかったので・・・。
書き込みをし、回答をいただけて、気持ちが楽になりました。
貴重なお時間をいただいて、本当にありがとうございました。

借地の買取と名義変更について

相談内容 借地の買取と名義変更について

東京・男性・50代
実家の借地買取に関して、ご相談です。
一人暮らしをしている父の実家は、借地で、
この度、この土地を地主さんから買い取ることになりました。
金額面での折り合いはついたのですが、土地の名義について、困っています。
現在は、借地は父の名義になっていますが、高齢の為、
地主さんからの買取の際の名義を弟名義にしたいと思います。
この際に、借地権の(父から弟に)譲渡関わる何らかの費用が、かかるのでしょうか。
例えば、贈与税とか、弟が、父へ借地権料を支払う必要性等、
その他どの様なことでも、結構ですのでアドバイスお願い致します。


□■アドバイス

私見ですが、
基本的には、贈与と言う事になろうかと思いますが、
弟さんが住宅を建てる為の贈与の場合は、特例がございます。
下記サイトをご参照の上、地元税務署にご相談されるのが良いでしょう。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

(高原開発・涌井さん)

中古住宅購入時の印紙の扱いについて

相談内容 中古住宅購入時の印紙の扱いについて

東京・男性・30代
先日、東京都内に中古住宅を購入したものです。
契約書の印紙は当方の不動産仲介業者が持参したのですが、
券面が一部破れていました。

「これくらいなら貼り付ければ大丈夫ですから」
とのことで貼り付けてそのまま手続を進めたのですが、どうも腑に落ちず、
東京国税局に照会したところ、破れた印紙は無効で換金も出来ないので、
そのままだと印紙税の脱税になるという話をされました。

不動産仲介業者に対して、事情を説明したところ、
不動産仲介手数料を1.5万円減額するからそちらで貼っておいてくれといわれ、
とりあえず貼ったのですが、どうも個人的に納得が行きません。

上記を理由に不動産仲介手数料の減額を要求するのは非常識な対応でしょうか。
また、減額を要求するとした場合、その幅はどのくらいが適正な減額だと思いますか?

最後に、先方の社長は「印紙税は些細な瑕疵。契約は適法に成立しているし、
所有権も移転している。これ以上文句があるなら出るところに出ろ。
こちらもやりたい放題やることになるけど、それでいいというなら」
ということなのです。

それなら当方としても喜んで事業者団体か、裁判所か、消費生活センターか、
どこでも出るところに出てやろうと思っているのですが、どこが一番話が早いでしょうか。


□■アドバイス

私見ですが、
契約書の成立と印紙税の納付は、別個のものです。
印紙を貼らなくとも、契約は成立しておりますので、
仲介業者の手数料とは基本的に無関係と思います。

印紙は契約当事者が貼るものですから、
買って納税し貼りつけすべきは契約当事者である売主と買主です。

仲介業者は、便宜上印紙を立替えて買ってくるだけです。
その買ってきた印紙が破けたのは業者の落ち度でしょう。
その場合、印紙代の仲介手数料を値引くから、
印紙を貼り替えて下さいと言うのは、妥当な対応かと思います。

何が問題が有るのかが、解かりませんし、
何が納得できないのかも解かりません。
まさか、その程度の事で損害賠償が欲しいとでも仰りたいのでしょうか。

もし、本気で損害賠償等が取れるとお考えなら、
どこにでもご相談されるのが宜しいかと思います。

(高原開発・涌井さん)

税金対策での購入金額の水増し申請について

相談内容 税金対策での購入金額の水増し申請について

千葉・女性・30代
はじめまして。
住宅購入を考えているものです。
住宅の知識はほとんどございません。

現在、気に入った建築条件付宅地がみつかり、
契約直前という状況なのですが、
1点不安がありご相談させていただきました。

現場は、まだ造成前の状態で原っぱです。
全10区画の分譲地で、私たちが予約したのは最後の1区画です。

不動産業者に支払いの段取りを確認したところ、
最初の支払いは、来年3月末に造成が完了した時点で土地代の支払いが発生するとのことでした。
ただ、「実際の土地代より高い値段で支払いをしてほしい」と依頼されています。
実際の土地の値段は2500万なのですが、3000万で役所に申請したいそうなのです。
理由は、税金対策といった趣旨の話をしていました。

3月末に土地代をお支払いするまでは、間取りなどをつめていきます。
それまでに購入を見送ったとしても、違約金は発生しないそうです。

資金不足で、自転車操業状態なのでは?
建物が完成する前に倒産する可能性が高いのではないか?と危惧しています。
また、法律上、このような土地評価額の水増し申請は違法ではないのでしょうか?
それを承知の上で、この話に乗った場合、私たちも罪に問われるのでしょうか?

アドバイスいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


□■アドバイス

詳細が解かりません。

「実際の土地代より高い値段で支払いをしてほしい」
と言うのは、

1、契約書は3,000万にするが、実際の支払いは2,500万円。
  (契約書上500万円を上乗せして、見せかけの利益を出す)

2、2,500万円の契約書を作成するが、実際の支払いは3,000万円。
  (500万円を裏金とし、利益隠しを行う)

のどちらかかと思うのですが、どちらなのでしょうか?

(高原開発・涌井さん)

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト