セットバック部分の生垣について

東京・男性・40代

初めて相談させていただきます。
千葉県内で土地を親族から買い取り、古家の建替えを検討しています。

敷地は西側に2項道路(幅2.6m)に接道しており、
向かい側は崖地(向かい側が8m下がり)になっています。
この2項道路は法的には他の道路と接続が無く、かつ行き止まりで、
利用者は奥に居住している1軒だけであり、
この居住者は上記の2項道路に接する市有地の駐車場(法的にも道路ではありません)
を通行してこの道路を使用しています。恐らく黙認状態で通行しているものと思います。

自宅の建築に対しての接道義務は敷地北側で1項道路に接道しているので、
この2項道路を使用しなくても問題はありません。
しかしこの2項道路側をセットバックすると
1.4m後退させる必要があることは存じ上げております。
そのため新築家屋はこのセットバックラインより1m下げて建築する予定です。

このセットバック部分は現況で生垣となっております。
出来れば役所が道路を完全に拡幅の着工をするまで
(まずありえないと思いますが)は生垣を撤去しないでおきたいのです。
セットバック部分に工作物の新設はできないと思いますが、
条文を読む限り、既存の物を撤去しなくてはならないとは書いていないように見受けられます。
今の段階においては生垣を残せるのでしょうか。
既存物の撤去に関する根拠となる条文はあるのでしょうか。
また生垣は工作物に当たるのでしょうか。またこれを行わなかった場合、
登記、ローン、建築確認等で何か影響はありますでしょうか。

ご回答いただきたく、よろしくお願いいたします。


もう解決されていることと思いますが、今後の為回答します。

建築基準法42条2項に定めるいわゆる2項道路については、再建築の際にその部分を建築物の敷地に含めることはできませんが、当該地上の工作物等の撤去までは求められていません。お住まいの行政に細街路拡幅整備に関する条例等があり、別の規定がある場合がありますので、そちらは確認してみて下さい。ご承知の通り、新たに工作物を設置することは禁止されています。

なお、2項道路の道路後退(セットバック)を行い、当該部分が公衆用道路として非課税となった場合で、そこを通行できない状態とした場合はその工作物を撤去するよう命じた判決があります(平成18年3月23日最高裁)。ただこれは周辺住民が訴えた場合ですので、今回の後退部分には当たらないでしょう。

私見ですが、登記、ローン、建築確認、完了検査、どれも問題ないと思います。ただし、建築基準法第42条の規定は、消火活動や避難の為に道路の拡幅を求めているものです。法の精神にのっとれば、生垣も撤去するのが本来ではないかと個人的には思います。ただ、この2項道路については問題も多いので、質問者様が生垣を撤去したくないという気持ちも分かりますし、実務上はそれで問題になることはないかと思います。

遅くなりましたが、ご参考になさって下さい。

(ディアレストコーポレーション・立川さん)

区画整理予定の私道の舗装について

区画整理予定の私道の舗装について
東京・男性・30代

”区画整理により市道化される予定の私道”に接する土地を所有していますが、
この私道が傾斜・未舗装であるため幾つかの問題があり、
区画整理着工もいつになるか分からない
(町会長や私道所有者を含む近隣10世帯とともに市長に要望書を提出するも
「財政難により困難」として仮工事すら実施してくれない)ので、
私の費用負担で簡易舗装をしたいと考えています。
しかし、2年半前には承諾してくれたにもかかわらず
現在では私道所有者が賛成してくれなく困っています。
詳細は以下のとおりです。
アドバイスくださいますよう何卒宜しくお願い致します。

1.私道について
○未舗装の坂道で、私の土地よりも高く接している。
○降雨等により砂利が流れ、度々路面が削れてしまう状況。
○少し離れた場所に住んでおられる人の単独所有である。
○私は約2年半前に私道所有者から通行・各配管敷設・
 路面整備について承諾書をいただいている。

2.私の土地について
○現況更地である。
○区画整理区域には含まれていない。
○元々は私道所有者が所有していた土地であるが、
 物納~払下げを経て私が所有者となった。
○隣接地は全部で5宅地あるが、そのうち4宅地は私の土地よりも低いため、
 境界部分(私の土地内)に擁壁が設けられている。

3.問題点
○私の土地内にある擁壁が隣地側に傾いてしまったため、
 やりかえ工事をする運びとなったが、私道から雨水が流入したり
 私道に浸透した雨水が浸入してくるから、これを解決しないと
 新設する擁壁にも強い圧がかかってしまう。
○口頭や手紙(写真添付)で舗装の必要性を説明したうえ
 「いただいた承諾に基づいて舗装するものであるから、費用負担や
 一切の責任は私が負い、舗装により価値が上昇しても一切請求しない。」
 との念書を送付しているにもかかわらず、
 私道所有者は「駄目だ」とは言わないまでも
 「区画整理で舗装されるのだから必要ないではないか」
 として“賛成”をしてくれない。


■アドバイス

今回のご相談については、粘り強くお願いするしか無いかと思います。

他には、貴方の土地の擁壁工事を行う時に、
盛り土を行い私道より高くするとか、大型の浸透枡を土地の4隅に配置し、
雨水の宅内処理を徹底するとかの工法をとる事しか思いつきません。
(高原開発・涌井さん)


■相談者より

高原開発・涌井様

アドバイスいただきありがとうございます。
解決に向けて頑張ります。

中古物件の建て替えとセットバックについて

中古物件の建て替えとセットバックについて
秋田・男性・40代

中古(S59年築)の一戸建て物件の購入し、建替えを検討しています。
北東の角地で、北側ならびに東側の両方が4m未満です。

土地が東側と西側で高低差があり、土留めを兼ねた塀が北側に造られています。

当初は北側の塀は土留めを兼ねているので、壊さずに建替えをすれば良い
と思っていたのですが、セットバックが必要で、塀を壊さなければならないとの事。
だとすると塀の解体、ならびに土留めの再工事代、新たに塀を造設する工事代と
セットバックの為にかなりの出費を強いられる事になります。

これらは建て主の私が全て費用負担の上、セットバックしなければならないのでしょうか?
すごく理不尽な感じを受けますが、しょうがない事なのでしょうか?

塀を解体しないで済む方法等ないものでしょうか?
ご教授願います。


■アドバイス

私見ですが、売り出しが、土地付建物(中古住宅)なら、解体・建替えに必要な経費は、
全額買主負担が基本で、値引き交渉をするしか有りません。
売り出しが、土地の更地渡しとなっているのなら、
解体・整地費用は売主負担が基本となるでしょう。

(高原開発・涌井さん)

私道の通行許可問題について

相談内容 私道の通行許可問題について

東京・女性・30代
私道の通行許可で困っています。
2項道路(接道2mはあります)に土地を買いました。
この私道は北も南も公道には接していますが、
南は5mほど舗装がなく障害物があり、通行できません。

こちら負担で整備しての通行を依頼したら
所有者は昔いやな経験をしたので絶対通さないと言われました。
そして北側ですが、10軒くらいかかわる私道になります。
北の方は3階だてをたてるなら通行させないといっています。
今回3階建てにしないと採算が取れない物件を建築予定なので大変困っています。

こちらとしてはいっぱいいっぱいに建てるのではなく、
離して建てますと交渉しようと考えていますが、
すでに数メートルはなれて建っている古屋にも文句をいっていたので
3階建てへの歩み寄りは大変難しいと考えられます。
(詳しくかけませんが、一方的に抗議する方なので、「話し合い」になりません)

こういった場合XXX、OOOしないと通行させない、というの条件はのまないと解決が難しいのでしょうか?
私道をたてにこちらをそこまで拘束することは可能なのでしょうか?
通行権を確認しなかったのが悔やまれますがどなたかアドバイスいただけますでしょうか?

専門家(弁護士でしょうか?)を入れて話す方がいい場合、
本格的な交渉からお願いしたほうがいいのか、
それとも交渉がまとまらない場合でいいのかのご意見も聞かせて頂けるとありがたいです。
宜しくお願いします。


□■アドバイス

私見ですが、投稿内容を読む限り、
話し合いで解決するのはかなり厳しい状態かと思います。

弁護士等に相談し交渉して頂くべかと思います。
相手も弁護士を入れた場合は、弁護士同士の話し合いとなるかも知れません。
それでも解決できない場合は、民事裁判となるでしょう。

ただ、通常この様なケースの場合、
貴方の側は半ば強制的に通行し、建物を建ててしまう事が多くなります。
2項道路は建築基準法上の道路でもありますから、道路証明も出ますし、
通行する事自体は簡単には止められません。
どちらかと言うと民事提訴起こすのは道路所有者側となるのが一般的かと思います。

南側所有者が通行妨害を行っている場合は、その撤去を求める事も可能でしょう。
貴方に「日常生活上不可欠の利益を有している」場合は、
弁護士が交渉して撤去出来るかと思います。
気を付けなければいけないのは、通行妨害を行っている物(車両等)を
傷つける事が無い様にする事かと思います。

(高原開発・涌井さん)

通行地役権に関わる工事の金銭給与について

相談内容 通行地役権に関わる工事の金銭給与について

大阪・男性・40代
4月末に土地を購入しました。
土地は袋地にあり、30m程の私道(42条2項道路)に通らないと入れない場所にあります。
私道の持ち主とは、覚書を交わしており、
通行許可(工事に関する車両等も含む)、掘削権について明記してあります。
(私道の持ち主に対し、通行地役権の登記をお願いしましたが、断れています。)

この私道の持ち主は、建売業者であり、この建売業者はこの私道沿いに
数区画の建売を検討しており、現在工事に取り掛かっているところです。

その後住宅会社と契約し、着工を開始しようとしたところ、
この建売業者が、工事開始の挨拶が無い事を手がかりに、工事させないと言われています。
工事の挨拶が無い事についてはお詫びをしましたが、同時に工事となる事から、
工事に協力する替わりに200万円の金銭供与を要求してきました。

覚書があるため、問題ないはずなのですが、私道であり同時期の工事となるため、
車両を停めるなどの嫌がらせが十分考えられます。
当面工事に取り掛かれない状態なのですが、どう対応すればよいでしょうか?


□■アドバイス

42条2項道路の通行権につきましては、
『建築基準法で交通の妨害となるような行為をすることが
 禁止されている等各種の制限があることから、
 専ら一般公衆の通行のために利用されるべきものである
 と考えられています』

然し、判例の多くは
『私人の日常生活上に必須な道路利用である場合には、
 民法上保護される自由権(人格権)として保護されるべきであり、
 この自由権が侵害され、その侵害が重大かつ継続のものである
 ときは、自由権に基づいて妨害排除や妨害予防ができるという
 言い方をしています(東京地判平5・6・1判決等)。』

私見ではありますが、
この判例に沿って考えてみますと、
建築確認は、この42条2項道路の通行を前提として
許可されている訳ですし、この私道を通行しない限りは、
建物を建設する事は出来ない訳です。

万が一、新築工事の妨害が有った場合ですが、
200万円を支払う必要性は無いと思いますので、
私道所有者と粘り強い交渉をする事になると思います。

この交渉が決裂した場合は、貴方はその妨害排除の為に、
内容証明の送付、更には妨害排除の民事訴訟を行なう必要が
有るかも知れませんね。

その場合は、弁護士等の専門家に相談した方が良いと思います。

(高原開発・涌井さん)

部分的なセットバックの可否について

相談内容 部分的なセットバックの可否について

福岡・40代男性
古くから農業を営んでいる者です。母屋は2項道路に面しており、
祖父の時代に建てられてから、何度か増築・改装をしています。
また、同じ敷地内に、明治時代に建てられた倉庫があります。

倉庫は老朽化が進み このたび建替えを計画しています。
倉庫はセットバックを考慮して建替えるようにしていますが、
母屋がセットバックにかかると言われました。
2項道路側には水廻りが集中しており、改装しようとすると 
かなりの出費になりそうで とてもまかないきれません。

母屋を触らずに、倉庫のみを建て替えられないのでしょうか?
教えてください。


□■アドバイス:1

倉庫が母屋の付属建物としているので、
母屋もセットバックの対象になるのだと思います。
敷地が分割できて、倉庫の敷地一つで建築確認が取れれば、
母屋は関係ありません。
(グッドカラーステッション・中尾正文さん)


■□相談者より

中尾正文様、早速のアドバイスありがとうございます。
実は昨日 土木事務所に行き、説明を受けたのですが 
やはり納得がいかず、困惑しておりました。
敷地を分割せずに 倉庫を単独の農業用倉庫として申請すれば…
と安易に考えていましたが、
「同所有者の同敷地内の倉庫を建替えするのであれば
 セットバックに掛かる母屋の部分は撤去」とのことでした。
どげんしょう…と言うのが本音です。


□■アドバイス:2

土木事務所の担当にバレてしまったのですね。
味方なら、農業用倉庫をやめて、従兄弟か誰かが住むことにして、
改築申請すればどうでしょう。
もし、味方でなくても、平然と母屋とは独立した建物として、
別の人の名前で申請するのです。土地名義は関係ありませんし、
確認後、元の相談者さんへ名義変更するのも、登記するのも、
別に確認の名前と違っても、登記事務はやりようがあります。
倉庫も、ただの部屋で、趣味の作業場、絵を描くアトリエ空間などなら、
倉庫と同じです。
独立した建物には、電気を引かなければならない規定はありません。
ただ、トイレはいります。風呂は行水一本、入らないと主張し、
トイレも汲み取りでOK。流しも、手洗い程度でOKで、
コンロはカセットコンロと言いましょう。
倉庫だからあっても良いが、申請者名でからまれるのであれば、
後日の引き込みでよいと思います。
(グッドカラーステッション・中尾正文さん)


■□相談者より

中尾正文様、八方塞がりの状況の小生に 
心強いアドバイス、ありがとうございます。
実は、2年ほど前に娘が嫁ぐ時に、土地を分筆し 
私名義で小さな家を新築し、住まわせております。
名義を私にしているために 
その頃から土木事務所からは目をつけられているのが現状です。
  
2項道路を挟んだお向かいさんは、境界として、
無許可のブロック塀を設けています。セットバックをしても、
角地にはカーブミラーと道路標識が設置されており、
それは移動する予定がないと言われ、
小生としては納得がいかないことばかりでした。
今回は娘と姓も違いますので、娘婿の名義であくまで倉庫を…と、
申請しても、やはり、同じ敷地内であれば、無理なんでしょうか?


□■アドバイス:3

倉庫であっても、独立した建物で、母屋と無関係ならよいです。
敷地は分筆も必要ありません。
   ●娘婿の方が、相談者さんとは関係なく、
    建築士に依頼して、確認業務をすればよい
 のです(ただ、倉庫より住まいの方が「独立性」を主張しやすいです)。

決して、誤魔化しとか、嘘と考えたり、思ってはいけません。
娘婿の方自身の行為として倉庫を建て、自分のものを(つまり、お宝を)
所蔵するために、土地を借りて建てることに、何のはばかりがありましょうや?

申請建築士の手腕次第ですが、騙すとか、うそはいけません。
相談者さんが表に出ると、以上の筋書きは、正直者には辛くなりますね。
日本国民は正直者ばかりですからね。
(グッドカラーステッション・中尾正文さん)


■□相談者より

たびたびの愚問に親切に対応いただき、ありがとうございます。
親から受け継いだ土地や建物を、私たちの代で できるだけ修繕して、
これ以上、手のかからない状態で娘夫婦に譲りたい…と思っていました。
母屋は、「私達夫婦が住まなくなれば、取壊しもよい」と、
娘達には伝えてありますので、法律面で何の障害もなく
娘夫婦に土地や倉庫を手渡すのが、私達親の理想と考えておりました。
しかし これほどまでに法律の規制があるとは、正直 知りませんでした。
どうせ いつかは娘夫婦に譲るものですから、
家族で今一度話し合ってみようとおもいます。
できれば、台風が来るまで…を目標に頑張ってみます。
また結果が出ましたら、ご一報いたします。
頂いたアドバイスを、吉報に換えて、お届け出きれば…とおもいます。
ありがとうございました。


□■アドバイス:4

ご丁寧な、報告に感謝いたします。
時間を置いての確認なら、また違うでしょう。
でも、年度は同じゆえ、担当の人事異動は無いかもしれませんが…。
形式より、実態をみて、安全な生活が送れるように、道幅も対応ください。
(グッドカラーステッション・中尾正文さん)

建築時の私有地の通行料について

相談内容 建築時の私有地の通行料について

徳島・20代女性
家を建てる契約をしたのですが、現地がとても細い道に面しており、
何回か折り曲がらなければなりません。
建設にあたり、トラックが入らなければならないのですが、
1箇所、どうしても個人の畑の角を通ってしまう形になります。
工期は半年くらいの予定です。

今日、近隣の挨拶に行ったときに、その畑を所有するご主人に、
  「タダ(で通す)というわけにはいかないだろう」
ということを言われました。
確かにその方の土地を通らせてもらう形にはなりますが、畑の角1箇所で、
しかも、50センチくらいです。

もちろんご迷惑をおかけするのだから、お礼はしようと思っているのですが、
直接、現金を要求されてしまい、少しひいてしまいました。
ご近所なのでのちのちの付き合いもありますし、穏便に済ませたいのですが、
法律的には払うべきものなのかどうか、知りたいです。

どうかご助言をお願いします。


□■アドバイス:1

結論を先に申し上げると、これは、
   ●建て主が考えることではなく、建築会社が考え対応すべき問題
なのです。
工事に際し、建築を請け負う側で最初に検討しなければならないことは、
現場への資材搬入、工事車両の通路や駐車スペース確保などです。
場合によっては小運搬ということもあります。
このような場合の経費は当然、建築費に含まれることになります。

建築会社がどのような考えでいるのか、まず聞いてみられたらよろしいと思います。
そして、その地主さんへの対応も建築会社にしていただく…ということになります。
その後で、近隣に住むようになる者として、建て主もご挨拶に伺うという順序になります。

ただ今回の場合、すでに直接お話をしてしまったようなので、
建築会社の考えを確かめた上で、改めて一緒にお願いをしたらいかがでしょうか。
(青葉ホーム・伊澤隆平さん)



■□相談者より

さっそく丁寧な回答ありがとうございます。
なるほど、あまり出すぎたりせずに、建設会社の方に任せておいた方が
いいのですね。なんだか気持ちが楽になりました。
ご助言を感謝いたします。本当に助かりました。ありがとうございます。


□■アドバイス:2

恐れ入ります。
先般のご返事で、言葉が足りない部分がありましたので、若干補足申し上げます。
建築工事は双務契約で、建て主・請負者の信頼関係が前提にあります。
工事車両の通行路確保は建築会社が検討すべき問題ではありますが、
もし、建築会社から問題点が提起されていて、相手への話し合いに協力して欲しい
との要望が出された場合には、ぜひ協力してことにあたるようにしていただきたい
と存じます。
(青葉ホーム・伊澤隆平さん)


■□相談者より

重ね重ねありがとうございます。わかりました。
現場には何回か足を運ぶつもりですので、状況を聞いてみようと思います。

私道への立ち入りを制限する方法について

相談内容 私道への立ち入りを制限する方法について

大阪・40代男性
8月末、旧家が建っていた土地を4分割して分譲された北西のA区画に、
木造3階建ての家を新築しました。

地元の建築業者さんの物件で、駅から徒歩3分と便利であり、
私が平面図の案を起こしまして、家自体にはかなり満足できています。
ただ、建物にはかなりこだわり、勉強もしたのですが、
土地に関してはそんなに深く考えておりませんでした。

そこで、残りの3区画に順番に家が建つにつれ、「私道」について、
少し気になる点が出てまいりましたので、ひとつご相談申し上げたく思います。

   ┌───┬───┐
   │自 宅 │    │
   │ A  │ B  │
   │    │    │
   ├──┐┴┌──┤ 北
   │  │ │  │ ↑
   │  │私│  │
   │C │ │ D│
   │  │道│  │
   │  │ │  │
   ┴──┘ └──┴
      道 路
   ─────────

  私道つきましては、
   ●長さ約15m、幅4m超
   ●普通の舗装ではなく、タイルのようなもので色分け
   ●真中を境にA(私)、Bのそれぞれが半分を所有
  という形になっております。

建築業者の方からは、
「うちのやり方は基本的に境界に柵等は設けず、オープンです」
と言われてましたが、現在、AとCの境界にはブロックで間仕切りをしてもらいました。
そして、12月頃にはBとCが完成するとのことですが、何とか私道自体をブロックで
間仕切りして欲しいと思っております(Bさんにもお話するつもりです)。

間仕切りする理由は、
  ●AとBの所有であるにもかかわらず、
   恐らくCとDの人が家の裏に行くために頻繁に通ることは間違いないから
です。
つまり、将来的なトラブルは避けたいと思っております。

そこで、以下、よろしくお願い申し上げます。

  1.私道の両サイドの間仕切り設置について、何か注意点等はありますでしょうか?

  2.他人が私道に簡単に入れないようにする良い方法はないものでしょうか?
   (私道の入口に、簡単な門のようなものが設置できないものか、悩んでおります。
    理由は、今でも誰かが深夜に犬の散歩などで私道に入り、
    ゴミや犬の糞を置きっぱなしにして、非常に困っているからです)




□■アドバイス:1

1については、地役権の設定・念書又は同意書・契約書の特約条項等に
私道についての記載はないのでしょうか?
まず、その点をご確認下さい。
それらがない場合は、貴方が貴方の土地内に塀等の構造物をたてても自由でしょう。
地役権の設定がある場合は、その地役権の目的を排除することは基本的にできません。
念書又は同意書・契約書の特約条項等がある場合は、その内容を遵守すべきだと思います。

2については、入り口に「私道に付き立入厳禁」と看板を立てたらいかがでしょうか。

なお、B地との間に塀等を立てるのは、私道の幅が4m超…程度だと感心いたしません。
最近の消防車・救急車等が大型化していることを考えると、火災や災害発生の時には
後悔することになります。
また、実際には軽自動車を除いては幅2mだと出入りは難しくなります。
塀を立てれば、私道内で車のドアは絶対に開けれなくなります。

通常は地役権を設定し、共同使用するようにしているケースが多いと思います。
最低でも構造物の建設禁止による共同使用の念書や覚書程度は締結していると
思うのですが、いかがでしょうか?

なお、「AとCの境界にはブロックで間仕切りをしてもらいました」ということであれば、
C地の人は通れないと思うのですが、ブロックの間仕切りと言うのは、
簡単に乗り越えられる高さなのでしょうか?

A地とB地の私道は共同使用として4m以上の幅を確保し、C地とD地との境界の中側に
それぞれ塀を立てるのであれば、実用上、問題はないと思います。
しかし、お尋ねの「私道の両サイドの間仕切り設置」と言うのが、
A地の私道の両サイドというのであれば、前述の通り、感心いたしません。
(高原開発・涌井さん)


■□相談者より

的確なアドバイスありがとうございました。
色々と私道に関する書籍を探したのですが、非常に少なくて困っておりました。
私道の定義もいろいろあるようで、複雑なことを学びました。
私道の入口にお隣さんと共同でフェンスを設置しようかなど、
悩んでおりましたところです。
今回のアドバイスを踏まえ、いろいろ検討させていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。

私道共有者に対する交渉方法について

相談内容 

島根・50代男性
初めて質問します。よろしくお願いします。
現在住んでいる自宅前の道が私道です。
家の奥に近所の人が所有している田んぼがあるため、
私道を持分1/2ずつでひとつの土地として共同で所有しています。

共同所有の方の自宅は別の場所にあり、
田んぼに農機具を入れる時以外はその私道を使用しません。
ただ、田んぼが少し高い位置にあるので、私道に土を盛って傾斜をつけてます。
舗装はされていません。今まで車で自宅に出入りする際には、
この傾斜部分を通ることはなく、また、塀を作っていたので
土が敷地に流れ込むこともなく、問題はありませんでした。

しかし、この度、息子夫婦が帰郷し、
自宅敷地内に別途、新築することになり、土地の構造上、
私道の傾斜してる部分を通って敷地内に入らなければならなくなりました。
また、塀も撤去しなければならないので、傾斜撤去(もしくは緩和)と舗装、
掘削の許可をもらわなければならないと思います。

このような場合、どのような形で話し合えばよいのでしょうか?
土で盛られた傾斜に対しては、「通行上の障害物」として主張するつもりです。
しかし、主張を押しつけすぎて、堀削許可をもらえなかったり、こじれても困ります。
撤去、舗装の費用に関してはこちらで負担してもかまわないと思っています。
ケースバイケースな部分も多々あるでしょうが、
プロの方から何かアドバイスをいただけると助かります。
よろしくお願いいたします。




□■アドバイス

共有者が田に出入りできるように、撤去・舗装することが大事だと思います。
その費用を相談者さんが負担するのであれば問題が無いと思うのですが…。

私見ですが、「通行上の障害物」とか言うと、逆にこじれると思いますので、
最初は軽い気持ちで共有者にご相談されたらいかがでしょうか?
この様なケースの場合は、相手の性格や普段の付き合いにもよるのですが、
あまり複雑にするのではなく、単純にお願いした方が良いと思います。
(高原開発・涌井秀人さん)




■□相談者より

涌井様、アドバイスありがとうございます。
実際に話をしてみないと分からないですよね。
便乗質問で恐縮ですが、共有者の方とは若干、自宅が離れているため、
まったくと言っていいほど面識が無く、性格等も分からないのですが、
そういう場合は新築を頼む工務店等に
話についてきてもらった方がよいのでしょうか?




□■アドバイス:2

私見ですが、ご本人がお願いに訪問するほうが失礼が無いと思います。
なお、工事の前には工務店等が
お酒等を持って工事のご挨拶に伺うのが普通だと思います。
(高原開発・涌井秀人さん)




■□相談者より

涌井様、ありがとうございます。図面などでの説明もありますので、
工務店の方と施主の2人で、お話に行きたいと思います。



□■アドバイス:3

交渉方法は人それぞれ…ですが、私でしたら、
最初から工務店の方を連れていくことはしないと思います。
理由は、「断り無く準備したな?」のような反感を買う恐れがあるから…です。

むしろ、最初は「ご相談」というかたちで、
お菓子でも持って
(その方と面識がある方をご存知の方が貴方の周りにいらっしゃったら、
 どんな方なのかを事前に確認した上で)、
まず、信頼関係を築くことからはじめると思います。

「普段、ろくにご挨拶もせず、申し訳ありません。
 実は、共有でお持ちいただいております私道について、
 うちの息子夫婦が住むにあたって、ご挨拶と、
 ご相談をさせていただこうと思って、お伺いさせていただきました。
 もし、ご都合が悪ければ、後日、改めますので、
 ご都合の宜しいお日にちを、お教えいただければ…と思います」

また、今回、相手に対しては、デメリットが無いようですので、
そのことを強調すると良いと思います。

「××さんが田んぼに入られる際に使われてらっしゃる部分を、
 通らせていただくことになりそうです。もちろん、今まで同様、
 ××さんのご利用には不便がないようにさせていただこうと思っており、
 全額、息子夫婦もちで舗装させようと思っております。
 また、後日、工事図面などもお渡しし、工務店の人間も連れて、
 ××さんにご確認いただこうと思っておりますが、
 お許しいただけますでしょうか?」

おそらく涌井様がご指摘なさっているのは、今回のご相談の場合、
権利や法律や事務処理を優先させるのではなく、
「気持ちを大切に…」のように、私は感じました。
  
私も、長きにわたり、その地域で暮らされるのですから、
息子さん夫婦も含め、ご近所づきあいを大切にされるのが、
やはり一番大切だと思います。

(わんえるで~おー・前野)

セットバックのアイデアについて

相談内容 


千葉・40代女性
こんにちは、はじめてご相談させていただきます。
セットバックのアイデアについてお聞かせ下さい。

公道に面している場所に土地を持っています。
公道沿いの隣と奥に2軒家があり、幅1m強の私道(当方所有)があります。

この度、建替えを検討しておりますが、
その場合、4mの私道を確保しなければならないと伺いました。
隣の家は、私道負担によるセットバックを嫌がっているため、
当分、建替えない様子ですが、当方が先に建替えるのであれば、
当方が4mの私道を提供しなければならないのでしょうか?

私道を提供するとなると、3m分も敷地が小さくなり、
建替えが非常に困難になります。せめて当方の私道負担を、
半分の2mにしたいのですが、どうすれば良いのでしょうか
(隣の家は、土地のみ、当方が所有しています)。

例えば、
  ・隣の家と一緒に、一体型のマンション風に建替えし、奥の人が通れるよう、
   ピロティ(トンネル)型にして、1階だけ通行可能にすれば大丈夫
  ・1階を駐車場にして、奥の人が通れるように配慮すれば大丈夫
  
のような、何か良いアイディアはないでしょうか。
宜しくお願い致します。




□■アドバイス:1

この事は、純然たる建築設計上の課題です。
あなたの知識は、少し充分でないように思われます。
道路と敷地との図面がいりますが、私道(所有権)は、この課題とは無関係です。
つまり、1mの道(?)が、法規的に何かをきちんと調べる必要があります。
また、奥の建築物が、どのように存在しているのかも重要でしょう。
よって、建築設計事務所に依頼されれば、名案は簡単に出るとは思いますよ。

(グッドカラーステッション・中尾正文さん)




□■アドバイス:2

敷地の公道への接道義務は2mあれば良いと考えます。
考え方としては、
  「基本的には当該敷地が公道に対して2m接していれば、
   建築基準法上の宅地であり、予定建築物が建築確認適格建築物であればOK」
ではないでしょうか。
敷地形状が不明確なため、詳しくは云えませんが…。

(マルケイ・門田啓二さん)




■□相談者より

こんにちは、早速のお返事どうも有難うございました。

  ▼門田様

  私の知識不足と説明下手で申し訳ありません。
  今回、私のご相談している私道とは、
   ●公道に面していない「奥に建っている家の住人の通行の為」
    の私道についてです。

  公道に面している当方と同じく、公道に面している隣の家の間に、
  現在、小道(1m強)があり、建替えにあたり、広げる必要があるということなのです。

  私道は4m必要かと思いますが、当方の建替の際には、
   ●この負担を当方が全て負担する必要はなく、中心線なるところから、
    当方が2mを確保してセットバックすれば良い
  のでしょうか?
(当方の建替時に4mは必要なく、その後の隣の家の建替時に4mになればよい?)

  また、今まで1m強の小道を使っていた奥の家の住人から、
  今後、使用料等を請求することはできないのでしょうか?
  (この道は奥の住人の通行のみに使用することになるからで、
   今は小道を無償で提供しています)

  ▼中尾様

  勉強不足で失礼致しました。もう少し土地の状況を確認し、
  建築設計事務所に相談してみようと思います。どうも有難うございました。




□■アドバイス:3

奥に建っている家の住人の通行の為の私道について、
あなたの土地を建築基準法上の延長敷地としての使用を考えるのであれば、
   ●あなたの土地を奥の人に賃貸すること
  となります。

土地の賃貸借契約を締結した後、不動産登記法にいう
通行地役権等の登記を行う方法もあるのではないでしょうか。
当然、敷地使用についての賃料は発生すると考えられますので、
賃料の請求は可能ではないでしょうか

ただし まず、管轄行政庁(建築課等)に、延長敷地の幅員や延長について、
事前に確認をとり、判断して下さい。
それぞれの行政庁の判断・基準が微妙に違う場合がありますので…。

(マルケイ・門田啓二さん)




■□相談者より

確かに、延長敷地で対応可能かもしれません。
管轄行政庁に確認をとってみて、検討したいと思います。
どうも有難うございました!!!

不動産相談インデックす

  • http://fudosan.jp/
    新規相談受付は、上記から。

    ◆Fudosan.JPに、皆様から寄せられたご相談で、アドバイザーさんからご回答頂けた記事をまとめた、 不動産相談事例集です。 トラブルの未然防止、相談の解決に向けてお役に立てればと公開しています。 アドバイザーさんからのアドバイスを、大いにご参考ください。

    ◆右上の検索ボックスで、お調べになりたい言葉を記入し、検索するか、 右のカテゴリーの、「借りる」「貸す」「売る」「買う」「建てる」「資産」から、お探し下さい。

    ◆各記事に、コメント投稿による追加のご質問、ご相談は受け付けていません。こちらより、新規にご相談ください。

    ◆各記事に、アドバイスを投稿されたいアドバイザーさんは、こちらを参照の上、ご投稿ください。

    ◆毎日の、新着不動産相談は、⇒ 不動産相談.comへ。

トラブル事例集の検索

  • 調べたいキーワードを入力ください

カテゴリーリスト